麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
大好きな姉の背中を追い続け、追い越したいー水瀬夏海の決意

大好きな姉の背中を追い続け、追い越したいー水瀬夏海の決意

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

「ちーちゃんと同じ仕事がしたい」。突如として雀荘でアルバイトを始めた女子大生はその後、大好きな姉の背中を追ってプロ麻雀の世界に飛び込んだ。水瀬夏海は、姉の千尋プロと同様に、デビュー後ほどなくタイトルを獲得。奇しくも姉が初代女王に輝いた大会だ。その後も姉と同じタイトルを獲得して、女流トッププロの仲間入りを果たすが、次なる目標は「お姉ちゃんが獲れなかったタイトルを手にすること」。本記事では、そんな水瀬夏海の強さの秘密に迫りたい。

目次

水瀬夏海プロの基本情報・プロフィールデータ

名前 水瀬 夏海(みなせ なつみ) 
異名 ぴよぴよ雀天使
生年月日 1990年8月1日
出身地 京都府
血液型 AB型
趣味・特技 ファッション、ダンス
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体 日本プロ麻雀協会
所属チーム
プロ入会年 2013年
主なタイトル 第4回 関西女流スプリント優勝
第11期 夕刊フジ杯麻雀女王決定戦個人戦優勝

多趣味な水瀬は学生時代、雀荘でのアルバイト以外に、アパレル業にも携わっていた。洋服が大好きで、オシャレならお任せとの自負を持っている。ほかにも、ストリートダンスが得意で、大体のジャンルを経験しており、数多くのダンスイベントでショーをしていたそうだ。それでも一番ハマったのは麻雀で、これほど人生が豊かになるとは思っていなかったという。

経歴

2013年:日本プロ麻雀協会第12期後期生としてデビュー
2015年:第4回関西女流スプリント優勝
2017年:第11期夕刊フジ杯麻雀女王決定戦個人戦優勝

麻雀との出会い・きっかけ

水瀬夏海が麻雀と出会ったきっかけは、もちろん姉・千尋の影響である。千尋が日本プロ麻雀協会に入るのと同じ頃に麻雀を覚え、すぐに雀荘でアルバイトをするようになったという。そして2013年、日本プロ麻雀協会第12期後期生としてデビューし、姉を追いかけるようにして上京。関西女流スプリント・夕刊フジ杯の個人戦も姉の背中を追って獲得したタイトルだ。いままで千尋を追いかけていた夏海だが、今は「お姉ちゃんが獲れなかったタイトルを手にすること」を目標に掲げている。水瀬姉妹の今後の活躍に大いに期待したい。

水瀬夏海の打ち方や雀風

水瀬夏海の持ち味は、とにかく前向きに攻め続けることが特徴的だ。まっすぐ素直に打って、リーチで勝負するのが基本的なスタイルとなっている。押しすぎと言われることも多いが、放送や配信対局では「取られたら取り返す」麻雀は強いインパクトを与えている。「魅せる対局」が求められるプロ雀士としては、それも一つの確立されたスタイルだ。

水瀬夏海の対局時の様子

第4回女流モンドチャレンジマッチA卓 2017/5.7

©MONDOTV

第11期夕刊フジ杯麻雀女王決定戦の個人戦決勝で、4連勝した水瀬夏海に注目が集まった一戦。1回戦の南1局1本場では、勢いだけではないクレバーな打ち回しで当たり牌を誘い出した。配牌に3筒の暗刻と1筒があったところに、2巡目には4枚目の3筒。ここで水瀬プロは[③]の4枚使いはせずにツモ切り。手が進んでいき、その形のままでリーチ。[③]は水瀬プロから4枚見えているうえに、序盤に1枚切ったことでかなり出やすい状況。その通りに一発で討ち取った。

水瀬夏海、茅森早香が女流モンド杯出場へ/第4回女流モンドチャレンジマッチ

麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節 Cブロック2卓 2018/7.10

序盤から積極的に出て、主導権を取る水瀬らしさが出た。1回戦東1局、起家を落としたくない水瀬は、先制リーチに対しプッシュして追いかけリーチ。これをものにして18000点の好発進を決めた。2回戦もチンイツ・赤1の3000・6000と東1局に強烈な一撃で先制した。オーラスは僅差の2着目で迎えたが、親かぶりによって逆転トップを拾う。結局3回のトップを飾った水瀬だが、残り1回も含めていずれも序盤からリードする展開に持ち込んでいた。

水瀬夏海が3トップで大きくプラス域に 小宮はリードをキープ / 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ第2節・Cブロック2卓

ClubNPM選抜総選挙2017決勝 2018/1.26

©日本プロ麻雀協会

良くも悪くも、水瀬の魅力が満載の対局となった。1回戦は1万点を割り込む大きなラスに終わったが、2回戦の東4局、親番で怒とうのアガリラッシュを見せる。4000オールに始まり、12000、4000オール、6000オールと、高打点の連荘を決めて8万点オーバーのトップ。最終戦南3局の親番では、ギリギリかつ絶妙なタイミングでの仕掛けから、中バックでのアガリ切る執念を見せ、次局で決定打となる4000オールをアガったのである。

水瀬夏海が優勝/ClubNPM選抜総選挙2017

SNSでの評価・評判

SNSでは、水瀬夏海が豪快に攻める場面に関するつぶやきが多くみられる。テレビ番組や配信動画を見ているファンにとっては、分かりやすく勝つ水瀬夏海が印象に残るのかもしれない。

水瀬夏海と言えば、もう必要ないというほどアガって、ぶっちぎりでトップを取る麻雀のイメージが、ファンの間でも浸透している。

確かに、チャレンジマッチを勝ち上がった水瀬夏海も、今ではまったく名前負けしていない。

アパレル業界の経験も持ちファッション大好きの水瀬夏海だが、こんなTシャツまで作っているとは。

水瀬夏海のニュース・こぼれ話

守備はどこへ?豪快な攻めを見せたPrincess of the year 2021

水瀬プロはPrincess of the year2021 一次予選の対局前インタビューで、「守備を勉強中なので、新しい一面をお見せできたら」と公言していた。ところが、直後に行われた対局では開始直後の4巡目にリーチした親に対して、まったく引く構えを見せない。無筋を押しまくって追っかけリーチをかけて、一発で討ち取るという、守備なんてどこ吹く風という豪快な攻めっぷりだった。

金髪&ショートやめました

金色のショートヘアがトレードマークの夏海だったが、伸ばし続けているという髪は肩より少し下まで達している。しかも金髪もやめたようで、Twitterの紹介欄には「金髪やめた妹」との記載が。ファンやプロ仲間からは概ね好評のようだが、水瀬本人はまだ慣れていないようで、「綺麗に染めてもらいました!けど自分に見えない!」とツイートしている。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top