麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
瀬戸熊商店の看板商品「ダマテンプッシュ」!準決勝 第3節 3回戦レポート

瀬戸熊商店の看板商品「ダマテンプッシュ」!準決勝 第3節 3回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリム

10/4(火)16:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ準決勝 第3節 3回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

鈴木 達也(日本プロ麻雀協会)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

2016RTD_準決勝3節3回戦_1_R

2016RTD_準決勝3節3回戦_2_R

前回のトップで決勝進出を確定させた瀬戸熊。決勝にポイントの持ち越しはないため、これ以上のポイント上乗せにはあまり意味はないが、決勝への助走とばかりに、一切攻撃の手を緩めない。

 

東2局、オヤ番の瀬戸熊はこの手牌。

2016RTD_準決勝3節3回戦_3_R

を切ればという形のイーシャンテンになるが、瀬戸熊はこれを拒否。

を切ってピンズの一色手に向かった。ピンズが若干場に安く、大きく狙ってみる価値があるとの判断だ。

2016RTD_準決勝3節3回戦_4_R

すると、6巡目のチーから発進。

上家の佐々木がマンズのホンイツをやっていたこともあり、続いて

2016RTD_準決勝3節3回戦_5_R

最後にまで鳴けて、仕掛けでイッツーが完成したこのテンパイ。

2016RTD_準決勝3節3回戦_6_R

すぐにをツモって6000オール。いきなり突き抜ける。

2016RTD_準決勝3節3回戦_7_R

これには、鳴かせた佐々木も「甘かった。をもう少し引っ張る手はあった」と語った。

 

東4局では、佐々木が先制リーチ。

2016RTD_準決勝3節3回戦_8_R

ここに、無スジをバシバシ切って真っ向勝負を挑んだのは、なんとトップ目の瀬戸熊だ。

2016RTD_準決勝3節3回戦_9_R

押した無筋は驚愕の4枚!!

そして、14巡目にようやくテンパイを果たすと、待ちが薄く、もリーチの現物ということもあり、ダマテンを選択する。

大きなアガリばかり取り上げられがちな瀬戸熊だが、このダマテンプッシュこそが瀬戸熊商店を支える不動の看板商品。これで幾度となく相手の手を潰してきており、こういったダマテンプッシュが足がかりになった大トップも少なくない。

2016RTD_準決勝3節3回戦_10_R

今局も、次巡にツモで1000・2000。

結果的にリーチをかけていれば一発ツモだったかもしれないが、ここは2着目のリーチをかわすことが最優先の場面であるし、何よりダマテンでアガったときの方が対局者に与える恐怖感は増すから不思議である。

 

すると、次局には、かわし手ではなく大物手をダマテン。

2016RTD_準決勝3節3回戦_11_R

佐々木のピンズ仕掛けの裏で、気配なきソウズ待ちダマテン。これを達也からで打ち取って8000とした。

 

オヤ番でも決してリーチに甘えることなくダマテンに構え、白鳥のリーチ宣言牌を捕えて2000。

2016RTD_準決勝3節3回戦_12_R

 

2016RTD_準決勝3節3回戦_13_R

1本場では、白鳥がリーチで高目のドラをツモって2000・4000。トップ目瀬戸熊を追いかけるが、その白鳥のオヤ番で瀬戸熊がこの仕掛け↓

2016RTD_準決勝3節3回戦_14_R

北家の瀬戸熊がをポンすると、もチーしてテンパイ。

こうなると、どんな攻撃が来ようが、瀬戸熊はオリない。

すると、そんなことは百も承知の白鳥が、リーチをかけた。

2016RTD_準決勝3節3回戦_15_R

現物のはトイツで持っているが、予想通り一歩も退かない瀬戸熊。

白鳥「やっぱりオリないんだな」

そして、白鳥が観念したかのように、掴んだをそっと河に置き、決着。

2016RTD_準決勝3節3回戦_16_R

 

自身を支えるダマテンや鳴きでの押しで、瀬戸熊がきっちりトップを取り切った。

2016RTD_準決勝3節3回戦_17_R

2016RTD_準決勝3節3回戦_18_R

2着の白鳥は決勝進出に向けてなんとか踏みとどまったが、佐々木・達也は最終節に2連勝が必須という厳しい条件となりそうだ。

そして、そんなことはお構いなしとばかりに我が道を行く瀬戸熊。どこまでポイントを伸ばすのだろうか。※ただし、決勝にポイントの持越しはない。

 

■次回放送(準決勝最終節):10月29日(土) 16:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top