麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
空気の読める男・藤田の大トップ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第4節 21、22回戦レポート

空気の読める男・藤田の大トップ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第4節 21、22回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

4/17(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第4節 21、22回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

20回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_1_R                

 

21回戦、藤田が独特の攻撃感覚を見せつける。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_2_R

まずはオヤ番でドラのを重ねて追いかけリーチにいくと、先制リーチの猿川からで7700。

これはノーマルなアガリ。

 

問題は次局である。

オヤの藤田は4巡目に単騎のテンパイを果たすと、7巡目にに変化してダマテンを選択。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_3_R

すると、ここから、なんと猿川のを見逃す。

この辺りが、空気を読める男・藤田の真骨頂。

場を見渡せば、何やら3者は煮え切らない手牌進行のようである。

とするならば、「まだ間に合う」。

そういう感覚である。

ドラ単騎、引きのタンヤオ変化、引きアガらずのイッツー変化など、打点を見ていく。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_4_R

しかし、同巡にを引くと、切りでリーチといった。

が自分の目から3枚見えている、1枚切れの

元々に感触がなかったであろうよりは、いくらかマシという感覚なのだろう。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_5_R

ここが限界か、とばかりに渋々リーチにいくと、難なくツモって1000オール。

確かに、得点上は見逃したでの1500と大差ないように見えるが、「リーチをかけてツモアガった」ということが重要。

ウラドラのある麻雀では、リーチツモの試行回数が、オヤでの加点において重要なファクターだからだ。

 

すると次局にも早いテンパイ。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_6_R

これは、藤田の打牌としては、もはや1択だろう。

テンパイ外しの打で、チャンタ、ドラ、サンアンコ辺りの手役を見ていく。

藤田の攻撃感覚から察するに、最も感触があったのは縦重なりでのツモリサンアンコであろうか。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_7_R

すると、ドラのを引いてリーチにいき、見事にを引き当てた。

これでダントツになった藤田は、南場のオヤ番でも大暴れ。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_8_R

の両面を拒否してカンチャンの三色リーチをかけると、テンパイの猿川からで7700。

 

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_9_R

続いて、ここから安易に1枚切れのを打たず、打とすると、その待ちのリーチチートイツをツモウラ2で6000オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_10_R

そして、次局もチートイツの待ちで即リーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_11_R

見事にヤマに3枚残りの待ちでリーチをかけた藤田だったが、ここは追いかけリーチの猿川に8000放銃となってしまう。

7万点持ちとあらば、そんなマンガン放銃もご愛嬌。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_12_R

相手の手牌進行を感じる力に長けている藤田が、自身の空気読み力を信じ切った攻撃で、大トップ。

トータルもプラス100に乗せた。

 

続く22回戦では、三連勝の後、ラスを引きまくってマイナスに転落してしまった平賀が登場。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_13_R

東1局にこの潤沢な手牌を授かると、ここから打とする。

を払うとしても、ドラ引きのカンテンパイを逃がさないようから打つプレイヤーが多いと思うが、この辺りが平賀のアガリに対する嗅覚。

この手牌では打点が十分なため、好形リーチに焦点を絞り込み、ヤマにいそうなを残していった。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_14_R

そして、ツモでリーチをかけると、ツモウラ2の3000・6000。

その後は、仕掛けを駆使したそつのない局消化でこのリードを守り切り、久しぶりのトップ。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_15_R

これでトータルをプラスに戻し、安堵の表情を浮かべた。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_16_R

RTDリーグ2017_BLACK_第4節21-22回戦_17_R

 

■次回はBLACK DIVISION 23、24回戦を4/20(木)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9YConFQwutVAxw

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top