麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/18 Mリーグ2021 第1試合結果】松ヶ瀬隆弥が+80.1ポイントの大トップ!茅森早香はオーラスに着順アップのアガリを決める!

【11/18 Mリーグ2021 第1試合結果】松ヶ瀬隆弥が+80.1ポイントの大トップ!茅森早香はオーラスに着順アップのアガリを決める!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」27日目が11月18日(木)に開催された。

11月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:茅森早香

西:萩原聖人

北:佐々木寿人

第1試合

東1局、萩原が七対子ドラドラで先制リーチも、寿人が一盃口でテンパイ。萩原のリーチの現物、[六]で待つと茅森から[六]が放たれ寿人のアガリに。

東1局 萩原 リーチ ©ABEMA
東1局 寿人 一向聴・赤 2600 ©ABEMA

東2局、寿人が七対子の[9]単騎で先制リーチ。萩原が追いつきリーチ。萩原がハイテイでツモって2000・4000のアガリでリード。

東2局 寿人 リーチ ©ABEMA
東2局 萩原 リーチ・ツモ・ハイテイ・ピンフ・ドラ 2000・4000 ©ABEMA

東3局、萩原が[赤五]を引き入れリーチしてツモ。4000オールでリードを広げる。

東3局 萩原 リーチ・ツモ・ピンフ・赤2 4000オール ©ABEMA

東3局1本場、さらにリードを広げたい萩原のペン[③]先制リーチ。すると茅森に萩原のあたり牌[③]が暗刻になり、ツモリ四暗刻テンパイ。萩原が茅森のあたり牌[④]を掴み茅森の跳満のアガリになった。

東3局1本場 萩原 リーチ ©ABEMA
東3局1本場 茅森 中 トイトイ・三暗刻・ドラ2 12000 ©ABEMA

東4局、茅森が七対子ドラドラ、[白]単騎の先制テンパイ。すると萩原が[白][七]のシャンポンでリーチ。

 

東4局 萩原 リーチ ©ABEMA
東4局 寿人 リーチ ©ABEMA

さらに寿人がドラのカン[⑧]三色でリーチ。茅森が待ちが変えられるだけに放銃もあるかと思われたが、[白]単騎で追いかける。さらに、松ヶ瀬が追いかける。

珍しい4軒リーチの結果は松ヶ瀬のアガリ。打点こそ2600だが、リーチ棒を合わせて大きなアガリを手にし、全員2万点台で南入。

東4局 松ヶ瀬 リーチ・ドラ 2600 ©ABEMA

南入して、親番の松ヶ瀬が6000オール、[東]をポンして茅森、萩原のリーチを受けるも1300オール、次局に7700のアガリを決め、盤石のトップ目に。

南1局 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・ドラ2・赤2 6000オール ©ABEMA
南1局2本場 松ヶ瀬 タンヤオ・ドラ・赤 7700 ©ABEMA

この松ヶ瀬の親が終わったのは南1局4本場。茅森がリーチして萩原との2人テンパイで流局。

南1局4本場 流局 ©ABEMA

南2局5本場、親の茅森が[発][⑥]のシャンポン待ちでリーチ。寿人もピンフでテンパイし追いかけると、萩原もカン[⑥]待ちでリーチとし、3軒リーチに発展。

南2局5本場 茅森 リーチ ©ABEMA
南2局5本場 萩原 リーチ ©ABEMA
南2局5本場 寿人 リーチ ©ABEMA

寿人が[⑥]を掴み、頭ハネで茅森のアガリとなり、本場は6本場に。

南2局5本場 茅森 リーチ・ドラ 3900 ©ABEMA

南2局6本場、松ヶ瀬が[中]をポンして[2][5]のテンパイも、寿人がリーチ。松ヶ瀬はオリにまわり、アガリは出ず、茅森、萩原も終盤にテンパイで流局。7本場へ。

南2局6本場 流局 ©ABEMA

南2局7本場を制したのは松ヶ瀬。タンヤオ、ピンフ、ドラ1ヤミテンに構え、茅森からの出アガリ。

南2局7本場 タンヤオ・ピンフ・ドラ1 3900 ©ABEMA

松ヶ瀬は6万点台に。

南3局は親の萩原がリーチも流局、次局も先制してリーチも、寿人がカン2pでリーチ。軍配は寿人。2600のアガリでオーラスへ。

南3局1本場 萩原リーチ ©ABEMA
南3局1本場 寿人 リーチ・赤 2600 ©ABEMA

南4局、親の寿人が發をポンしてカン3mのテンパイ。茅森が一気通貫を完成させ追いつき、[3][6]待ちでアガれば2着のテンパイをヤミテン。

萩原の手牌には赤が3枚内蔵され、タンヤオで動きやすい形ではあったがテンパイする前に持ってきたのは6s。茅森のアガリとなり、茅森は2着浮上でゲーム終了。

南4局萩原の手牌 ©ABEMA
南4局茅森 ピンフ・一気通貫 3900 ©ABEMA

松ヶ瀬が80.1ポイントプラスの大トップで、風林火山のトータルはポイントは600ポイントに近づいた。

第1試合トップの松ヶ瀬  ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+80.1
2位 茅森(フェニックス)▲1.7
3位 萩原(雷電)▲26.1
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲52.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果記事はこちら

第2試合は伊達朱里紗がMリーグ史上初の10満点超えトップ! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top