麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
とにかくオリたくない鈴木たろう! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 25、26回戦レポート

とにかくオリたくない鈴木たろう! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 25、26回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

4/24(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第5節 25、26回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

24回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_1_R                

 

麻雀のタイトル戦で長きにわたって好成績を収める鈴木たろう

その麻雀の中心にある感情はといえば、「オリたくない」である。

オリてしまうと、その局は最大限にうまくいってプラスマイナス0で、多くの場合には失点を伴う。

すなわち、期待値が必ずマイナスになるのである。

だから、とにかくオリたくない。

それがたろうの中心にある。

 

では、どうすればオリずに済むのだろうか。

放銃のリスクに見合う、価値の高い手牌を組み上げればよいのである。

価値の高い手牌とは、基本的には高打点の手牌だ。

 

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_2_R

25回戦では、高目三色のリーチをかけると、安目ながら一発ツモウラ2で3000・6000。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_3_R

さらに、オヤ番ではドラ単騎をリーチツモで4000オール。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_4_R

得意の高打点でトップを決めた。

 

すると、26回戦でもたろうらしい選択。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_5_R

ここからを打ち出すプレイヤーもいると思うが、手牌の主がたろうなら、ほぼ切りになる。

たろうの描く最終形とは、役牌を重ねたホンイツやトイトイだ。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_6_R

を重ねたたろうは、ポンから仕掛け始め、ポン打で当然のテンパイ取らず。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_7_R

終盤にを引いてテンパイを果たす。

ここはアガれなかったが、相手をけん制しつつ、オリずに済む高打点の手組をしていたおかげで、テンパイ料の獲得に成功する。

 

東3局ではこの仕掛け。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_8_R

この手牌を高打点にするには、ドラを使ったルートしかないため、2枚目のはポンして1メンツ確定させておいたほうがいいという判断である。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_9_R

すると、すぐにドラが重なり、勝負手に早変わり。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_10_R

ここに、村上からドラ単騎のリーチが入るも、直後にテンパイを果たしたたろうは最後まで押し切り、アガリには届かなかったものの、ここでもテンパイ料を獲得した。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_11_R

 

高打点だけが価値ある手牌かといえば、そういうわけでもない。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_12_R

オヤ番では、ここからポンで2900バックのイーシャンテンに構える。

2本場と供託1000点があるため、アガリやすい手牌の価値が上がっているというわけだ。

また、役牌バックはどうしてもオリざるを得ない状況になったときにオリやすく、総合的にリスクも抑えることができるのである。

この辺りのバランス感覚が、たろうの武器。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_13_R

そして、タンヤオ本線に見える河で東を誘い出すと、見事にアガり切り、持ち点を回復すると、次局にはアンカンの後リーチで、一発ツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_14_R

サンアンコの4000オールを決め、2連勝を決めた。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_15_R

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_16_R

これでトータル2位までやってきたたろう。

3月に発売となった新刊「最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀」の宣伝にも余念がない。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節25-26回戦_17_R

本書には私も編者として参画したのだが、上記のような「オリない」考え方がロジカルに多く盛り込まれている。

どうしても弱気になってオリてしまうなどといった悩みをお持ちの方や、最近なぜか勝てないと伸び悩みを感じている方、そしてもちろん麻雀を始めたばかりの方まで、ぜひお手に取ってみていただきたい。

きっと、麻雀力向上の一助になるとともに、RTDリーグ内での鈴木たろうの思考が、今よりわかりやすくなると思われる。

 

■次回4/27(木)21:00から27、28回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9e7MaKSeLNHe71

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top