麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

勝又のアガれるエリア選択!平賀の突破力! RTDリーグ2017準決勝第3節13、14回戦レポート

勝又のアガれるエリア選択!平賀の突破力! RTDリーグ2017準決勝第3節13、14回戦レポート
RTDリーグ
2017年09月11日 19:00

9/3(日)14:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ準決勝第3節13、14回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

開始時のポイントはこちら↓

2017RTD_準決勝13、14回戦_1_R

 

13回戦、上位3名vsここで1人でも上位を崩しておきたい猿川という構図。

どうしてもトップのほしい猿川が落とせないオヤ番で生牌のを掴み、勝又が12000でリードを広げる。

2017RTD_準決勝13、14回戦_2_R

 

すると、その勝又、次局でも早々にイーシャンテン。

2017RTD_準決勝13、14回戦_3_R

ここからは当然の打で、イッツーも残しながら、三色のイーシャンテンに構える。

しかし、雀頭が振り替わった3巡後、勝又が意外な打牌を選択する。

2017RTD_準決勝13、14回戦_4_R

三色のイーシャンテンに受けるならを切るしかないのだが、勝又はを選択したのだ。

思考としては、ソウズが安く、を軸にソウズのチンイツまでいける可能性が出たというところ。

カンとペンの選択ではペンのほうが優秀だから(猿川の第1打、全体的なマンズの高さを見て)、を切ったとのことだった。

これに対し、オヤの白鳥がなんと国士をテンパイする。

2017RTD_準決勝13、14回戦_5_R

しかし、この大物手をすっとかわしたのは勝又。

2017RTD_準決勝13、14回戦_6_R

ペンを引き入れた勝又は、狙い通り場に安いソウズで猿川からを打ち取って2000。

カンが顔を見せる前に、見事な最速のアガリで白鳥の国士を粉砕した。

このように、勝又はアガれるエリア探しが非常にうまい。

探すのがうまいだけなら他にもうまいプレイヤーは何人もいるのだが、勝又のすごいところは、今回のような三色のイーシャンテンなど、崩さなくてもいいところを自分の読みに従ってあっさり崩せるところにある。

麻雀IQ220に従って動くまで右手を鍛錬していること、それが勝又の強さであり、勝又の麻雀を観ていると「心技体」という言葉がよく浮かぶ。

 

とはいえ、麻雀というゲームの性質上、勝又とて、それがすべてうまくいくわけではない。

南3局、オヤの猿川が2つ鳴いて、ホンイツイーシャンテンの場面。

2017RTD_準決勝13、14回戦_7_R

2017RTD_準決勝13、14回戦_8_R

テンパイの入った勝又だったが、ピンズを打たずにテンパイ取らずとした。

2017RTD_準決勝13、14回戦_9_R

実はこのとき、小林がツモ切りを続けており、前に出てきているように見えたのだ。

小林にアガってもらうためには、猿川にピンズを鳴かせず、局面を長引かせることが有効なため、ピンズを押さえてマンズを切っていったというわけだ。

その間に、猿川にテンパイが入った。

2017RTD_準決勝13、14回戦_10_R

これを受け、小林の手が止まる。

2017RTD_準決勝13、14回戦_11_R

実はテンパイしていた小林だったが、猿川からピンズが余ったことを確認すると、を手に留めてを打ってテンパイを崩した。

これを見た同巡の勝又。

2017RTD_準決勝13、14回戦_12_R

テンパイ復活と同時に、1度は止めたを打って、猿川に5800放銃となる。

2017RTD_準決勝13、14回戦_13_R

1度止めたピンズを打ち出すのは勝又らしくないな、と思ったのだが、その読みの精度がすごかった。

勝又「白鳥さんも抑え気味だし、打で小林さんも抑え気味になったように感じたので、これは自分がかわしにいかないとまずいと思い、押しました」

実際、その読みがピタリとはまっていることに驚愕する。

しかし、無情にもはアタリ牌。

これが、麻雀の難しいところである。

 

とはいえ、失敗を恐れず局面に合った打牌を続ける勝又は、を仕掛けないと間に合わないと判断し、苦しい形ながらチーから入った。

2017RTD_準決勝13、14回戦_14_R

すると、すぐにを引き入れ、猿川から出たにロン。12000のアガリでトップを決めた。

2017RTD_準決勝13、14回戦_15_R

2017RTD_準決勝13、14回戦_16_R

 

続く14回戦では、平賀の突破力が光った。

村上のリーチを受け、たろうが押したをチーしてホンイツのみのテンパイを組んだ平賀は、ドラのを押していく。

2017RTD_準決勝13、14回戦_17_R

2017RTD_準決勝13、14回戦_18_R

すると、このをたろうがポンして3人テンパイとなるのだが、平賀がたろうからでアガり、2900でかわしてしまう。

2017RTD_準決勝13、14回戦_19_R

平賀の特徴として、複数人テンパイでのめくり合いに強い印象がある。

それは、当然のことながら、アガりやすい待ちを選択しているからだ。

トップ目で迎えた南1局でも、ペンチーでカンのテンパイを組む。

2017RTD_準決勝13、14回戦_20_R

すると、すぐに引くで高目ドラのシャンポンに受け替えず、カンを続行した。

カンはヤマに3枚、シャンポンは1枚のみだった。

2017RTD_準決勝13、14回戦_21_R

そして、4人全員テンパイをツモで切り抜け、1000・2000。

 

複数人テンパイを制するためには、まず自分がテンパイしていなければならないわけだが、平賀はよくテンパイしている。

その理由の1つとして、少し苦しいところからでも仕掛けてみるというのがある。

2017RTD_準決勝13、14回戦_22_R

トップ目のオーラスも、ここからチーから入った。

確かに、はよさそうであるのだが、少し苦しい。

だが、このチーの効果は、自分がアガリに近づくというだけにあらず。

2017RTD_準決勝13、14回戦_23_R

奇跡の大逆転に向け、スーアンコを目指していたたろうが、平賀のチーを見て渋々チートイツのテンパイを組んだのだ。

結局このままたろうが1600で2着になるアガリを決め、平賀が逃げ切り。

トップ目でも前に出ていける平賀には、こういう突破口も開けるというわけである。

2017RTD_準決勝13、14回戦_24_R

平賀が白鳥に食らいつき、なんとか逆転できるポジションに踏みとどまっている。

 

■次回9/24(日)19:00から準決勝最終節をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部
麻雀ウォッチ編集部Twitter:@mjnewsnet
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)