麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

白鳥の放心と会心!鉄心・平賀の変わらぬ遊び心! RTDリーグ2017決勝最終日5、6回戦レポート

白鳥の放心と会心!鉄心・平賀の変わらぬ遊び心! RTDリーグ2017決勝最終日5、6回戦レポート
RTDリーグ
2017年11月15日 19:00

11/3(金)16:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ決勝5、6回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

現時点でのポイントはこちら↓

2017RTD_決勝5、6回戦_1_R

初日には4戦をそれぞれのトップで分けたため、かなり団子状態となっている。

残すは4戦。

 

最終日初戦、早々に走ったのは白鳥だった。

2017RTD_決勝5、6回戦_2_R

小林のオヤリーチに追いかけると、一発でドラをツモって3000・6000。

さらに、今度は平賀のリーチに対し、と押してダマテンを組んでいく。

2017RTD_決勝5、6回戦_3_R

そして、次巡にを持ってくると、ツモ切りリーチといった。

2017RTD_決勝5、6回戦_4_R

この1巡回しが実に白鳥らしい。

と切っている小林の打がトイツ落としにも見えることも含め、自分がを打ったときの反応を1巡見ようというのである。

結果、小林・佐々木から切られたのは、さして悩まず平賀・白鳥の共通アンパイ。

ツモ切りの佐々木はわからないが、少なくとも小林は共通アンパイが足りていそうだ。

ならば、ダマテンでかわす意味が薄いため、を切るリスクに見合うリターンを求めてリーチでめくり合いに持ち込んだ。

すると、形テンを取りにいった佐々木からが打たれ、望外のアガリ。

2017RTD_決勝5、6回戦_5_R

ウラドラが3枚乗って12000となった。

 

平賀のオヤ番という関門でも、白鳥は軽快にをポンすると、平賀のオヤリーチに対してさらにをチーして、自分で決めにいく。

2017RTD_決勝5、6回戦_6_R

2017RTD_決勝5、6回戦_7_R

2巡後、白鳥が持ってきたのはドラの

2017RTD_決勝5、6回戦_8_R

白鳥が長考に入る。

2017RTD_決勝5、6回戦_9_R

ドラで打てば12000を覚悟せねばならない。

ただ、仮に12000の放銃になったとしても、まだ自分が有利である。

自身で仕掛けてこの形にしたのならばと、白鳥はをツモ切った。

「ロン!」

平賀の声が心なしか大きい。

ああ、これはまずい。

2017RTD_決勝5、6回戦_10_R

ウラドラも2枚乗って、24000。

白鳥は放心状態。

2017RTD_決勝5、6回戦_11_R

白鳥にとっては痛恨の、平賀にとっては会心のトップ逆転で、平賀がトータル1人浮きとなり、優勝をぐっと引き寄せた。

 

それでも、気持ちを切り替え、続く6回戦に臨む白鳥。

2017RTD_決勝5、6回戦_12_R

この4000オールでトップ目に立つと、いつもの安定したゲーム回しでトップ目のまま南入させることに成功した。

そこで白鳥にテンパイが入る。

2017RTD_決勝5、6回戦_13_R

3面張なのだが、が3枚、が1枚切れていて、アガリ牌が潤沢に残っているわけではない。

とはいえ、平賀のオヤ番ということを考えれば、ツモのマンガンかハネマンを引きにいきたくなるところ。

しかし、白鳥はそんな気持ちをぐっとこらえ、ダマテンに構えた。

これが好判断。

 

この後、西家の佐々木が西をポンしてマンガンテンパイ。

2017RTD_決勝5、6回戦_14_R

続いて、小林からもマンガン確定のリーチがかかる。

2017RTD_決勝5、6回戦_15_R

さらに、平賀もこれを追いかけた。

2017RTD_決勝5、6回戦_16_R

チャンス手が一転、3人に囲まれる形となった白鳥。一発目で掴んだ牌は、なんと生牌のドラ

2017RTD_決勝5、6回戦_17_R

これは切れない。白鳥は、必死に共通アンパイを抜いてオリていった。

もし、白鳥が先にリーチしていたら、で平賀に7700以上の放銃となっている。

これをかわし、小林から佐々木への横移動で済ませたのは、白鳥の持ち味である胆力に他ならない。

2017RTD_決勝5、6回戦_18_R

 

しかし、それでも平賀がしぶとくついてくる。

2017RTD_決勝5、6回戦_19_R

ラスになってもおかしくないところで、冷静に欲張らず、1000点仕掛けを入れて佐々木のオヤリーチをかわした。

これで、平賀が2着目でオーラスを迎える。

 

かわしてもかわしても、斬っても斬っても復活してくる。

白鳥としては、「もう!この人はなんなんだよ!」だろう。

ところが、オーラス、そんな白鳥にダマテンマンガンが入り、これに平賀が打ち上げる。

2017RTD_決勝5、6回戦_20_R

平賀のラス落ちである。

今度こそ、奇跡のような会心のトップラスが決まった。

2017RTD_決勝5、6回戦_21_R

これで、白鳥があとワントップというところまで平賀を追い詰めたのである。

 

しかし、対局後のインタビューで白鳥は愕然とすることになる。

解説の多井が、少し気まずそうに平賀に声をかけた。

「平賀さん、最後、激痛でしたね」

これに対する平賀の受け答えが衝撃だった。

平賀「そうですね、2着順落ちちゃいましたからね(^^;)でも、自分で決めにいこうと思ってたんで、しょうがないですね。むしろ、ここまでラス引かなかったのが奇跡と思ってたんで( ̄▽ ̄)これは、メガチェン(※平賀はラスを引くとメガネをチェンジして気分を変える)のしがいがありますね!」

2017RTD_決勝5、6回戦_22_R

なんと痛恨のラス落ち直後の平賀は、笑いながらこう答えたのである。

びくともしない鋼鉄の心臓と、変わらぬ遊び心。

白鳥は思っているはずだ。

「なんなんだよこの人、ちょっとは揺れろよ。。。メンタルモンスターかよ!いい加減にしてくれよ!」

とにもかくにも、残り2戦を残し、白鳥がついに平賀の背中を視界に捉えた。

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)