麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
名人戦チームが優勝!/麻雀BATTLE ROYAL

名人戦チームが優勝!/麻雀BATTLE ROYAL

CABO求人ニルウッドカバー

<麻雀BATTLE ROYAL 生放送SP!>◇8日◇川口・SKIPシティ

  全国のケーブルテレビ、IPTVで放送中の男性向けエンターテイメントチャンネル「MONDO TV」で、特番「麻雀BATTLE ROYAL 生放送SP!」が8日10時より生放送された。

  毎年恒例となる特別番組「麻雀BATTLE ROYAL」は、「MONDO麻雀プロリーグ」の3タイトルから4名ずつ選抜された人気と実力を兼ね備えたプロ雀士12名と、名だたる雀豪著名人4名の、合わせて4チーム16名による夢の雀宴オールスターゲーム。

 先鋒戦では、「ミスター麻雀」小島武夫(日本プロ麻雀連盟)が名人戦チームのトップバッターとして登場。年齢を感じさせない元気な打ち回しを見せたが、それを上回ったのが女流モンド杯チームの高宮まり(日本プロ麻雀連盟)。開局早々満貫をツモると、南2局にはモンド杯チームの村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)から親満をアガり、トップを盤石にした。

 次鋒戦も女流モンド杯チームの水城恵利(日本プロ麻雀協会)と名人戦チームの土田浩翔(最高位戦日本プロ麻雀協会)の争いになり、南3局、南4局と連続してアガった土田がトップを取った。

 厳しい状況に追い込まれたモンド杯チームだったが、副将の滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)が5100点持ちから南場の大爆発で70000点を超えるトップを取り、最終戦へ望みをつないだ。バトルロイヤルチームは、副将の蛭子能収が急遽欠場となり藤田憲右(トータルテンボス)が代わりに出場したが、トッププロの猛攻撃の前に箱下の憂き目に遭ってしまった。

 最終戦となった大将戦では、名人戦チームの前原雄大(日本プロ麻雀協会)が力強いアガリでリードをするが、山井弘(日本プロ麻雀連盟)も南3局で親のハネ満をアガって追いすがる。しかし、前原はハネ満を魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)からハイテイでアガリ、オーラスもきっちり満貫をツモって勝負を決めた。

 優勝は名人戦チーム、2位はモンド杯チーム、3位は女流モンド杯チーム、4位はバトルロイヤルチームとなった。MVPは驚異の爆発力で番組を盛り上げたモンド杯チームの滝沢が獲得した。

麻雀BATTLE ROYAL 生放送SP!
順位名前Total先鋒次鋒副将大将
1 名人戦チーム
小島武夫 土田浩翔 荒正義 前原雄大
148.9 8.2 56.6 11.9 72.2
2 モンド杯チーム
村上淳 佐々木寿人 滝沢和典 山井弘
29.8 ▲42.6 ▲27.2 87.6 12.0
3 女流モンド杯チーム
高宮まり 水城恵利 二階堂亜樹 魚谷侑未
▲17.8 57.6 16.4 ▲22.8 ▲69.0
4 バトルロイヤルチーム
大村朋宏 宮城舞 藤田憲右 藤田晋
▲160.9 ▲23.2 ▲45.8 ▲76.7 ▲15.2
a20151108-DSC_0036
チームメイトが会場から応援

 

a20151108-DSC_0032
番組の裏では若手女流プロが罰ゲームをかけて真剣対局

 

a20151108-DSC_0038
対局の合間には対局者に感想を聞くコーナーも

 

a20151108-DSC_0037
おでんはちゃんと食べられます

 

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top