麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ブランド戦略論(鈴木たろう教授・通年4単位) RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 7-10回戦レポート

ブランド戦略論(鈴木たろう教授・通年4単位) RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 7-10回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

2/19(月)、2/22(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 7-10回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_1_R

 

▼▼▼鈴木たろうが語る、麻雀というゲームの捉え方▼▼▼

共同で本を出版するほどには、私はたろうの麻雀観を聞いてきた。

その中でも、RTDリーグのような少数での戦いでたろうが最も重視しているのが、「ブランド」であると私は思っている。

ブランドとは何か?例を挙げよう。

例1:佐々木が鳴いた場合、遅くて安い手から早くて高い手まで、振り幅が大きい

例2:村上が鳴いた場合、遅くて安い手はほぼない。早い手か、多くはそこそこの速さで高い手だろう。

例1が佐々木ブランドであり、例2が村上ブランドである。

これは、各打ち手が長年の放送対局や解説でブランディングしてきたものだ。

 

では、たろうブランドはといえば、仕掛けこそ振り幅のあるたろうだが、リーチについては好形か打点どちらかは確保されたものが多く、振り幅が小さいほうに入る。

例えば、子方で「リーチのみの愚形はない」。それがたろうブランドであった。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_2_R

ところが、たろうはこんな並びシャンポン待ちのリーチのみでリーチにいき、アガった。

確かにの切れ具合や、自身の捨て牌にがあってスジになっていることはプラス要素だが、やはりこれまでのたろうなら打で再びテンパイを外し、ソウズのを捉えてツモアガリしていただろう。

たろうは言う。

「最近、(行動や手牌の)幅が狭くなっていたから、広げるところも見せておこうかなと」

たろうが昔から言っている「広告宣伝費」でブランディングするというやつだ。

この局がそうなのかはわからないが、少なくとも私には、この局は多少の犠牲を払ってでもした広告宣伝に見えた。

 

では、この宣伝活動をしばらく続けるのかと言えばそんなことはなく、宣伝した分はきっちり売上を回収する。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_3_R

これが、回収する手牌。

マンズの上は場に安いが、さきほどと違ってリーチのみのテンパイを外した。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_4_R

次巡にはツモで何切る?

引きの両面待ちリーチを見て、ふわっとをツモ切ってしまいそうだが、たろうは打とする。

マンズでイーペーコーができればダマテンでも出アガリできるし、場合によってはリーチでもいい。

また、引きの変則3面張や引きのシャンポンなら端にかかった良い待ちなのでリーチでも良いだろう。

を打っていることを考えると、確かに切りの方が有効な牌の枚数が断然多い。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_5_R

実際にはピンズにくっついてリーチになったため、結果は変わらなかったが、打点を追求するたろうらしい1打で、先ほどの愚形リーのみと合わせて幅を見せた。

 

そんなたろうが警戒するのが佐々木だ。

佐々木といえば、愚形リーのみのようないわゆる「ガラクタリーチ」を多用し、仕掛けも幅が広い打ち手である。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_6_R

そんな佐々木は、この手牌にが打たれるが、微動だにしない。

以前の佐々木なら、考える前に「ポン」と言っていたような牌だ。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_7_R

すると、がアンコになったところで、ようやく2枚目のをポンしてのシャンポン待ちテンパイを組み、直後にテンパイに受け替えた。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_8_R

このをチーしてテンパイを組んだのは、トップ逃げ切りを図るたろう。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_9_R

しかし、次巡にツモ切りで佐々木に7700放銃となってしまった。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_10_R

たろう「こういう本物からバラバラまで幅があるヒサトに対し、自分がテンパイなら何でも切る。行動の幅が狭い相手だったら、もう少し慎重に打ったかも。ヒサトブランドにしてやられた感じ」

なるほど。もしそうであるならば、ヒサトブランドに対する認識がズレている可能性もある。

実は、近年の佐々木は、ガラクタリーチこそあれ、上記のようにガラクタ仕掛けはかなり少ない。

また、ガラクタリーチも徐々に減ってきているのである。

正にたろうが麻雀というゲームの重要点と捉える「母集団の行動と、それに対する自分のブランディング」を、実は最もうまくやっているのは佐々木なのかもしれないな、と思った。

これについては、10回戦の解説でもたろうが触れていたので、鈴木たろう教授のブランド戦略論が気になる方は、10回戦ももう1度聴講あれ。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_11_R

結果、この放銃が響き、たろうは佐々木にまくられてしまった。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_12a_R

痛いトップ逃しにこの苦笑い。

しかし、次回9回戦では大トップ目からオーラスにハネマンを放銃するヒヤっとする場面もあったが、トップを取り切り帳尻を合わせた。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_13_R

 

▼▼▼平賀、「春の三色祭り」と日常行事「トップ陥落」▼▼▼

8回戦、平賀が三色をアガり倒した。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_14_R

こんなリーチ三色を皮切りに、ダマテンでのツモ。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_15_R

極めつけは、トップ目で迎えたオーラス。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_16_R

2着目の達也が、平賀に差し込み気味にを打つと・・・

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_17_R

なんと出来合いの三色。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_18_R

珍しい三色攻勢で平賀がトップで第2節のスタートを切った。

 

こうなると、続く10回戦での連勝を意識する。

実際に、10回戦でもオーラスのオヤでアガって頭1つ抜け出すと、ダメ押しを決めるべく手牌を組む平賀。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_19_R

手なりなら打だが、リーチピンフにさほど価値を感じない場面。

であればと、平賀はを打った。

これは面白い。

を持ったまま唯一高打点になる456の三色だけ逃さないようにし、でタンピンに移行する手はずだ。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_20_R

結果、引きのピンフテンパイを逃すが、次巡にツモで想定通りの三色リーチをかけた。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_21_R

しかし、このわずか1巡がほころびを生む。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_22_R

この1巡に、佐々木がをツモ切っていたのである。

平賀がピンフリーチにいけば打てなかったはずのだ。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_23_R

すると、なんと佐々木が平賀から8000。雀頭は、平賀が1巡早くリーチしていれば打たれていたはずのである。

この放銃で、平賀は300点差でトップ陥落。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_24_R

平賀にとっては手痛い放銃となった。

しかし、常に大トップを目指す平賀にとって、これぐらいのトップ陥落は日常茶飯事。

特に気にせずといったところだ。

 

一方、平賀から初トップを譲り受けた形の和久津は笑った。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_25_R

和久津「こんなにうれしい棚ぼたトップはない」

この言葉が、RTDリーグの権威を表していることに他ならない。

 

和久津300点差逃げ切りの陰には、実はこんなプレーがあった。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_26_R

東3局、和久津はこのピンフドラ1をダマテンにしたのである。

思わず、解説のたろうが「えっ!?」と声を漏らす。

和久津「リーチピンフドラ1の3900より、を先に引いたタンピンドラ1の3900の方がアガりやすいと思った」

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_27_R

すると、その言葉通りを引き、ダマテン続行。

和久津「それに、平賀にマンズが高く、そこに対して下家の石橋がマンズを先に処理してくると思ったので、そのマンズを捕えられないのは危険だと判断した」

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_28_R

ここに石橋がをツモ切り、和久津が想定通りの3900。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_29_R

石橋はどちらかといえばチャンタを睨んだツモ切りだったが、確かにマンズが高いことによる先切りの意識もあっただろう。

リーチならマンガンやハネマンになったかもしれないが、結果的にはここをアガれていなければトップになれていなかったかもしれない。

自身の読みに身を委ねた和久津が、力で棚ぼたトップを呼び込み、最下位を脱出している。

RTD2018_WHITE_1節7-10回戦_30_R

 

■次回は、2/26(月)21:00からWHITE DIVISION 11、12回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8TJJL8ZBk7qkSB

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top