麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
RMUチームが逆転で本戦進出/麻雀駅伝2018 予選会 2日目結果

RMUチームが逆転で本戦進出/麻雀駅伝2018 予選会 2日目結果

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

3つの麻雀プロ団体とアマチュア連合の計4チームが、異なるルールでたすき(点棒)をつなぐ駅伝形式の大会「麻雀駅伝2018」の予選会2日目(三人麻雀・RTD)が 6月15日に行われ、初日最下位スタートだったRMUチームが逆転。麻雀駅伝の本戦出場決めた。

RMU本戦対局メンバー(上段左から谷井、多井、岡澤、阿部、河野、下段松ヶ瀬)

第3区間 の「三人麻雀」は、勝又健志(連盟U50)、荒正義(連盟O50)、多井隆晴(RMU)、石原真人(麻将連合)というメンバーで行われた。

1回戦目は勝又が抜け番。石原と多井がポイントを伸ばし、荒が置いて行かれる展開。東3局で石原が多井から大きな7700の直撃を決めリードを広げ6万点超えのトップ。

2回戦は荒が抜け番。最終局まで勝又がトップだったものの差が小さい状況で多井がトップになるあがりを決め逆転。3回戦も僅差の争いに。オーラスは多井と勝又が5500点差で迎えたものの勝又はあがりに結びつかず2着終了。多井が2トップ目を決めた。

最終戦は苦しい展開が続いていた荒が勝又からの直撃のあがりを続け、大きなトップ。首位である連盟U50の勝又にラスを引かせ、チームトータルでも大きな1戦となった。

麻雀駅伝2018 予選3区 三人麻雀
順位 チーム名 3区TOTAL 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦
1 RMU(多井) 51.3 4.7 23.6 23.0
2 麻将連合(石原) 21.4 40.2 ▲23.1 4.3
3 連盟U50(勝又) ▲25.4 ▲0.5 6.0 ▲29.9
4 連盟O50(荒) ▲48.3 ▲44.9 ▲29.0 25.6

 

第4区間 の「RTDルール」は、佐々木寿人(連盟U50)、沢崎誠(連盟O50)、松ヶ瀬隆弥(RMU)、小林剛(麻将連合)というメンバーで行われた。トータルポイントは連盟U50チームが49.9ポイント、他3チームがちいさなマイナスポイントで全チームに優勝の目がある戦いとなった。

1回戦は東1局1本場にホンイツ・小三元をあがった佐々木がリードする展開小林と松ヶ瀬が追いすがる展開だったが南1局の小林の親番で松ヶ瀬がリーチ・一発・ツモ・ダブ南・ドラ3のあがりで一気にトップ目に浮上。そのままトップ目でオーラスを迎えたがオーラス親番の佐々木が清一色の4000オールをあがり再度首位逆転。しかしその後の1本場に松ヶ瀬がタンヤオのカンの先制リーチ。リーチ時点ではツモでも裏1が必要な点差だったが、これに対して佐々木もペンで追いかけリーチ。しかし佐々木がを掴み松ヶ瀬がトップ浮上のあがりを決めた。

2回戦は東1局で4000オールをあがりをした小林が優位な展開で進めるも松ヶ瀬がリーチ・一発・ツモ・平和・裏1の2000・4000のあがりで小林に迫り、沢崎、佐々木と大きく点差をつけたが、南1局に佐々木が松ヶ瀬からホンイツ・一気通貫・一盃口・ドラ2の16000の直撃。これで松ヶ瀬をまくり、南3局ではリーチ・ツモ・平和・一盃口・裏1の2000・4000のあがりでトップ目に浮上した。しかしオーラスにここまで苦しい展開が続いていた沢崎がチンイツ・ドラ3のツモあがりで4000・8000。沢崎は3着に浮上し、佐々木は親被り2着、小林が1着となった。

3回戦は重苦しい展開が続いたが、南1局で松ヶ瀬がリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラの2000・4000のあがり、南2局の自身の親番では佐々木の先制リーチに立ち向かいリーチ・ドラ2・裏1の12000は12300の大きな直撃。これで抜け出したが南3局に親番の小林がリーチ・ツモ・發・ドラ1の4000オールのあがりで再び松ヶ瀬と肩を並べた。その後一旦は小林がトップに浮上したが、南3局4本場にて松ヶ瀬、小林、佐々木の三軒リーチとなり、その局は松ヶ瀬があがりをものにし、松ヶ瀬がトップでオーラスに突入。オーラスは佐々木が連荘を重ねる中、小林がトップ終了の聴牌をいれる場面があったが、南4局3本場、佐々木のカンリーチに対して待ちの聴牌を入れていた松ヶ瀬が海底でをツモあがり、激闘に終止符を打った。

表彰式にて、三人麻雀で2トップを果たした多井は「2トップ自体はうれしい結果だったが、本当はもう少し素点を上乗せしたかった。一番若い松ヶ瀬にプレッシャーがかかってしまう布陣となってしまったが、今回その期待に松ヶ瀬は見事に応えて、これで超一流のトッププロになったといえると思います。これまで多くのタイトルを取ってきましたが、今日の勝利は今までで一番うれしいです」と喜びを語った。

麻雀駅伝2018 予選4区 RTDルール
順位 チーム名 TOTAL 1回戦 2回戦 3回戦
1 RMU(松ヶ瀬) 81.7 61.2 ▲42.5 63.0
2 麻将連合(小林) 52.3 ▲14.5 50.2 16.6
3 連盟U50(佐々木) ▲31.8 15.3 7.4 ▲54.5
4 連盟O50(沢崎) ▲102.2 ▲62.0 ▲15.1 ▲25.1
麻雀駅伝2018 予選 トータル
順位 チーム名 TOTAL
1 RMU 71.6
2 麻将連合 30.5
3 連盟U50 18.1
4 連盟O50 ▲121.2

予選二日目配信

2018/6/15(金)16:00
AbemaTV

関連URL


この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top