麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
瀬戸熊がトップで3位浮上 村上は最下位脱出/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 37/38回戦

瀬戸熊がトップで3位浮上 村上は最下位脱出/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 37/38回戦

CABO求人ニルウッドカバー

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION37・38回戦が6月14日に放送され、37回戦は瀬戸熊が混戦の中200点差のトップをもぎ取った。38回戦は村上がトップでトータル最下位を脱出した。

 37回戦は2位の白鳥、5位の瀬戸熊、6位の内川、8位の村上の対戦。瀬戸熊と村上があがりを重ね南入。南1局に熾烈な3件聴牌、白鳥のリーチ・タンヤオ・平和の先制リーチに対して瀬戸熊が小三元・ホンイツの聴牌、親の内川が自風の東を暗刻にしてドラ2の聴牌という際どい局面となったがあがりをものにしたのは内川。白鳥から7700のあがりとなり瀬戸熊、村上に迫る。南3局は内川の12000点の仕掛けと白鳥の高め三色の平和リーチの待ちのめくりあいとなったが、村上が海底ずらしの仕掛けをしたことにより内川がツモあがりとなるが瀬戸熊に流れ流局。南3局は内川のあがりとなり、トップ目の村上から3着目の内川までの差が2500点と熾烈なトップ争いとなったが、瀬戸熊がタンヤオの300・500のツモあがりでトップ。村上は200点差で捲られ悔しい2着となった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 37回戦
順位 選手名 ポイント
1 瀬戸熊直樹 50.5
2 村上淳 10.3
3 内川幸太郎 ▲12.0
4 白鳥翔 ▲48.8

  38回戦は2位の白鳥、4位の多井、7位の松本、8位の村上の対戦。東1局松本が1600・3200のあがりで先制するも、東2局の松本の親番で白鳥が3000・6000(リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・一盃口・裏2)のあがりですかさずトップ逆転。その後も村上とのリーチ合戦を制して1000・2000をあがるなど白鳥はリードを広げた。下位三人は競っている点棒状況だったが、東3局に村上がリーチ・ツモ・タンヤオ・平和・三色・裏2の4000・8000のあがりでトップ目の白鳥に肉薄。離された三着目の松本だったが南3局の村上の親番で2巡目リーチ。平和高め一盃口のリーチで高めをツモあがり、これも裏2となり3000・6000のあがりでオーラスとなった。これでまだ3着目ならがも満貫直撃、跳満ツモでトップになる状況に。しかし最終局は村上が松本から8000点のあがりでトップに浮上。最下位争いの村上と松本で明暗が分かれる決着となった。また、多井は半荘通して苦しい状況が続き遂にマイナスポイントに突入。準決勝争いも熾烈な状況となった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 38回戦
順位 選手名 ポイント
1 村上淳 62.5
2 白鳥翔 19.5
3 松本吉弘 ▲19.6
4 多井隆晴 ▲62.4
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 38/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 468.7
2 白鳥翔 185.8
3 瀬戸熊直樹 30.2
4 萩原聖人 ▲14.2
5 多井隆晴 ▲58.7
6 村上淳 ▲177.7
7 内川幸太郎 ▲206.0
8 松本吉弘 ▲228.1

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top