麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
和久津のカン2ソー単騎に対する考察!勝又のブレないリスク回避戦略! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 43-46回戦レポート

和久津のカン2ソー単騎に対する考察!勝又のブレないリスク回避戦略! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 43-46回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

6/25(月)、6/28(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 43-46回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

43回戦:和久津のカン単騎リーチ対する考察

サッカーワールドカップ2018、グループリーグ最終戦。

日本はポーランドを相手に1点を追う展開で残り10分となると、ボールを回して負けることを選択した。

結果、日本は試合には負けたが、グループリーグのトータル成績で決勝トーナメント進出を決める。

サッカー素人の私には何が悪いのか全くわからないが、これには批判の声もあるのだという。

いくつか論点はあるのだろうが、少なくともこの「負けた状態での終盤のボール回し」だけを切り取って批判するのは間違っていると、素人目にもわかる。

 

温存のためにスタメンを6人替えたことも、ボール回しをして負けを選択したことも、決勝トーナメントを勝ち抜くために最も確率が高いと思われる選択をし、見事に決勝トーナメント進出という第1段階の結果を出した。

私には称賛の感情しか湧かない。

 

ワールドカップと時を同じくして、RTDリーグ予選もいよいよ終盤戦に入ってきた。

そこで、コメント大荒れの事件が起きる。

みなさんは、このリーチをどう思われるだろうか。

わざわざ単騎にしなくてよいメンツ手なのに、自分で2枚使っている単騎待ち。カンにも単騎にも受けられるため、私はこれをカン単騎と呼んでいる。

あまり見かけない形に、違和感があるだろうか。

では、このリーチ者は下手なのか。

 

結論から言ってしまえば、この単騎も、先のボール回し戦略と同じく、これだけを切り取って批判することは少し違うと思うのだ。

 

シンプルに考えれば、7巡目・先制・ドラ2という時点でリーチという選択は有力で、2枚しか待ちがないとはいえ、かなり悪いという評価にはなりにくいのである。

さらに今回は、下家に変則手もいて字牌単騎を選びにくいことから、手替わりする牌が極端少ない(具体的には有力な手替わりは引きぐらいではないだろうか)。

であれば、単騎や単騎でのリーチも、打のテンパイ外しと同じくかなり有力な選択肢なのである。

にも関わらず、多くの方から批判の声が上がったというのはなぜだろうか。

 

思うにそれは、RTDリーグにおいて、和久津がプロセス上でもポイント上でも結果を出せていないからではないかと思うのである。

プロセス上でも持ち前の鋭い攻撃はあまり見られず、ポイント上でもマイナスがかさんでいる。

そんな中で視聴者が違和感を抱くこの単騎リーチがかかれば、「えっ!?間違いじゃないの?」と思っても不思議はない。

仮にこのリーチの主が佐々木だったら、「まーた、ヒサちゃんそんなリーチかけてww」と、そこまで批判もなかったのではないかと思うのだ。

だから、このリーチは批判されても仕方ない、と私は思っている。

ただし、されるべき批判は、このリーチに対する違和感を丸出しにしただけの「なんでこんな中ブクレのカンでリーチかけるんだよww」というものではなく、この単騎リーチの価値をしっかりと評価した上で「43回戦に至るまでのプロセスが悪い中でのこのリーチは、焦りもあるのではないか」というものではないかと思うのだ。

 

これが、私なりのこのリーチに対する考察である。

そして、和久津にも和久津らしさという結果を出してほしいと心から願っている。

 

この半荘は、下位から追いついてきた勝又が南3局にこのテンパイ。

トップを目指せばリーチで決めにいくのも一考だが、こういう局面では極力リスクを取らず、2着以上に入ることを優先してきている勝又はダマテンを選択する。

そして、をポンしてひとまずに受けると、場に高いソウズの下から待ちを動かしていく前にで2,000をアガり切った。

シーズンを通して一貫したリスク回避戦略で僅差のリードを守った勝又が、トップでさらにポイントを伸ばしている。

 

45回戦:全くブレない勝又の準決勝進出を決定づける2連勝

西家の勝又は、をポンしてを打っていく。

RTDリーグ出場選手では、を打ってホンイツのマンガン一直線に進める打ち手が多いと思うが、ビハインドを背負ったこの点数状況でもシビアにラス目達也のオヤを蹴りにいくのが勝又流。

これをあっさりツモアガり、達也のラスを濃厚にさせたところで、今度はリーチで勝負に出てマンガンツモ。

トップ争いに加わると、下家でマンズのホンイツ仕掛けをしている和久津に対してを打たず、を外していく。

すると、カンテンパイから、今度は和久津に通るようになったを打ってダマテンに構える。これをアガってもトップを決定づけるアガリになる可能性が薄いため、和久津の仕掛けにかぶせるリスクに見合わないとの判断だろう。

しかし、石橋からリーチがかかったところでをアンカンすると、ツモ切りリーチといった。

アンカンで打点が上がり、ウラドラも2枚になったことで勝負する価値が出たというわけである。

そして、石橋から一発でを捉えて6,400。

勝又が、1巡1巡局面が大きく変化する難局を見事に乗り切り、準決勝進出を決定づける意味の大きな2連勝を決めた。

 

44回戦:後手が強い猿川の押し返し

序盤戦で大きくマイナスしていた猿川だったが、復活を遂げてきている。

復活のポイントは、後手での押し返しが決まるようになったことだと思われる。

いきなり2軒リーチに追いかけて3,000・6,000で先制すると、今度はオヤ番でリーチの現物待ちをダマテンにして5,800。

昨シーズンもそうだったが、終盤戦での猿川の押し返しは非常に鋭い。

徐々に鋭さを増していくスロースターターが、300以上あったマイナスを2ケタにまで持ってきた。

 

46回戦:平賀らしいハチャメチャな半荘

たろうが8枚見えので追いかけリーチをかけると、これが一発ツモウラ3の強烈な6,000オール。

さらに、8,000を加点して、ダントツとなる。

一方、たろうのマンガンに飛び込んだ平賀は、南2局のオヤを迎えてわずか6,700持ち。

しかし、なんとここから平賀が6,000オール。

さらに4,000オール。

たったの2局でトップまで突き抜けてしまった。

平賀のハチャメチャぶりは本当になんなんだろうか。

自分らしい豪快な逆転劇に、平賀に久しぶりの笑顔が戻った。

これで準決勝進出ラインの4位が見えてきた平賀。

まだまだ降級圏内の7位もちらつく位置だが、平賀は「準決勝進出だけを見て戦う」と、強気に前だけを見つめる。

 

■次回は、7/2(月)21:00からWHITE DIVISION 47、48回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top