麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
上位3名と下位5名の差が開き、生き残りへ熾烈な終盤戦へ/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 45/46 回戦

上位3名と下位5名の差が開き、生き残りへ熾烈な終盤戦へ/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 45/46 回戦

CABO求人ニルウッドカバー

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION45・46回戦が6月28日に放送され、45回戦は勝又健志がトップ。46回戦は平賀聡彦がトップとなった。

 45回戦はトータル3位の勝又健志が連勝を決め、46回戦でラスを引いたトータル2位の佐々木に0.7ポイント差に迫った。準決勝進出争いは、猿川真寿が鈴木達也を逆転し4位に浮上。鈴木(達)は痛い連続ラスで5位に転落した。46回戦の平賀聡彦は南2局の親で6700点持ちから6000オール(リーチ・ツモ・純チャン・三色)、4100オール(リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ)と連続してアガリ、大逆転トップ。4位の猿川に26.9ポイント差に迫り、前回チャンピオンの意地で巻き返しを図る。上位3名と下位5名の差がはっきりして、終盤戦の争いが熾烈になっている。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 45回戦
順位 選手名 ポイント
1 勝又健志 57.5
2 石橋伸洋 8.5
3 和久津晶 ▲12.0
4 鈴木達也 ▲54.0
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 46回戦
順位 選手名 ポイント
1 平賀聡彦 54.3
2 鈴木たろう 10.0
3 猿川真寿 ▲21.3
4 佐々木寿人 ▲43.0
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 42/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 316.3
2 佐々木寿人 235.5
3 勝又健志 234.8
4 猿川真寿 ▲92.5
5 鈴木達也 ▲115.3
6 平賀聡彦 ▲119.4
7 和久津晶 ▲229.1
8 石橋伸洋 ▲230.3

上位4人は準決勝進出、7位は入れ替え戦、8位は自動降級となる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top