麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ドラマ「アカギ」南郷・安岡・竜崎・八木役が決定!

ドラマ「アカギ」南郷・安岡・竜崎・八木役が決定!
近代麻雀
2017年09月13日 09:00

 2017年10月13日より毎週金曜日21時からBSスカパー!で放送されるドラマ「アカギ」の「竜崎・八木編」「市川編」に登場する追加キャストが発表された。

 主人公の人生を大きく変えることとなるパートナーの南郷役に駿河太郎。

 アカギの初の対戦相手となるヤクザ・竜崎役に六角慎司。

 その竜崎の代打ちとしてアカギと対戦する、プロの代打ち・矢木役に眞島秀和。

 前作に引き続き、刑事・安岡役に神保悟志が決まった。

 本作のキーマンともなる南郷を演じる駿河太郎は「今作はアカギという怪物が生まれたきっかけの話です。アカギも麻雀をやったことがなく、南郷が教えるところから始まるので、麻雀をやったことのない人も同じ目線で見られます。麻雀が好きな人はもちろんですが、知らない人でも観やすい作品になっているので、一回どういうものか見て欲しいです」とコメントした。

 

南郷/駿河太郎

南郷_R

駿河太郎(アップ)_R

次々と博打や株などで失敗し、借金を背負った男。アカギの持つ「死線を 越えてきた」オーラをいち早く察知した。この南郷との出会いが、後のアカギの運命を大きく変えることになった。

■コメント
前作を見て、世界観が面白いと思いました。今作は前作に比べて麻雀以外の掛け合いの場があるのが前よりもドラマ性が より加わっています。この役をやるにあたって久々に麻雀をやりました。たまに東京の友達と雀荘に行くのですが、よく やっていた頃と今との思考が違って、もっと上手くなりたいなと麻雀熱が盛り上がっています。これも南郷のおかげです。 今作はアカギという怪物が生まれたきっかけの話です。アカギも麻雀をやったことがなく、南郷が教えるところから始ま るので、麻雀をやったことのない人も同じ目線で見られます。麻雀が好きな人はもちろんですが、知らない人でも見やす い作品になっているので、一回どういうものか見て欲しいです。

 

安岡/神保悟志

安岡_R

神保悟志_R

刑事。チキンランの生き残りで、姿を消した少年を追跡中、アカギと出会 った。彼もまた南郷同様、アカギの持つ異様な「才気」に気づいた男であ る。刑事でありながら、アカギのために闇麻雀の場をセッティングして、 見返りの金を要求するダークな一面も持つ。

■コメント
今回は、アカギとの出会いが描かれるとのことで僕自身すごく楽しみにしていました。安岡はアカギの成長を一番知って いる役なので、撮影していても「ここから始まったんだな」と感慨深いものがありますね。今回は前日譚となるエピソードなので、全く新しいものに取り組む気持ちでいながらも見ている方の、これがあのシーンに繋がるんだといった「知り たい部分」を意識して演じています。前作は同じ場所での撮影が多かったのですが、今回はロケもあるのでまた違った「アカギ」をお見せできると思います。

竜崎/六角慎司

竜崎_R

六角慎司_R

川田組のヤクザ。麻雀による素人殺しを生業としており、相当の打ち手と 噂される。アカギの初となる対戦相手。借金を賭けて南郷と勝負をしてい たが、代打ちに入ったアカギの並外れた才能に圧倒され、代打ちの矢木に 後を託す。

■コメント
出演が決まっての第一声が「僕、麻雀出来ないんだけどいいんですか???」でした(笑)とりあえず、家に牌を持って 帰って少しでも早く打てるように練習しています。竜崎は、アカギに対してサディスティックな面があるキャラクターな のですが、僕は普段はサディスティックに扱われる役が多いのでその辺りも個人的には見どころです。「アカギ」は麻雀 の話でありながらも、根底にあるのはお互いの「哲学」のぶつかり合いだと思っていて、そこでの真剣勝負は演技をする ことと非常に似ていると思います。僕たちの真剣勝負をお楽しみください。

 

矢木 圭次/眞島秀和

矢木_R

眞島秀和モノクロ2_R

アカギが初めて対戦した「プロの代打ち」。アカギの才気を見破ったが、 中学生という侮った部分が 油断を生み、アカギの前に敗れ去る。

■コメント
麻雀は好きで、趣味の一つでもありますし、原作は何度も読むほど大ファンです。「アカギ」だけでなく「天 天和通りの 快男児」も読んでいます。自分が若い時から何度も読んでいる原作ですので、自分が読んでいた漫画のキャラクターを演 じるというのは不思議な感じもしますし、この仕事の醍醐味というかワクワクしています。個人的にはアカギのセリフにある「まるで白痴だな」というのを早く言われたいです。

 

原作「アカギ~闇に降り立った天才~」

「アカギ」は、「近代麻雀」で大人気連載中の傑作麻雀コミック『原作:福本伸行「アカギ~闇に降り立っ た天才~」(竹書房「近代麻雀コミックス」刊)』。現在も透明ガラス牌を使い生き血を賭けて戦う「鷲巣麻雀」 編が進行中で、単行本 34 巻まで刊行、累計発行部数 1,000 万部を誇る。TV アニメ化、ゲーム化、OV 化、 パチンコパチスロ化もされ絶大な人気を誇る。2018 年 2 月 1 日発売号掲載回において最終回とすることが 宣言されている。

この記事を書いた人

麻雀ウォッチ編集部
麻雀ウォッチ編集部Twitter:@mjnewsnet
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。
■この投稿者の記事一覧

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)