麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【声優界の雀姫】大人気声優・植田佳奈さんと麻雀が広げた世界

【声優界の雀姫】大人気声優・植田佳奈さんと麻雀が広げた世界

BULL2021求人ニルウッドカバー

本業である声優として大活躍、趣味のゲームでも抜群の腕を披露するゲーマー声優、それが植田佳奈さんだ。数々のゲームをハイレベルで楽しむ植田さんは、声優界きっての麻雀好きとしても有名。大人気麻雀アニメ『咲-Saki-』において主人公・宮永咲の声優を務めていることから、植田さんといえば麻雀、というイメージを持たれているファンの方も多いはずだ。そんな植田さんにとって、麻雀とはいったいどんな存在なのだろうか。

目次

植田佳奈さんの基本情報・プロフィールデータ

名前 植田 佳奈(うえだ かな) 
生年月日 1980年6月9日
職業 声優、アーティスト
出身地 大阪府
血液型 A型
趣味・特技 麻雀、ゲーム、スキー、楽器演奏
本人公式SNS Twitter
Instagram
Mildom
ブログ
YouTube
完成させたい役満 緑一色

経歴

2001年:声優デビュー

2007年:『咲-Saki-』 ドラマCD 発売

2009年:『咲-Saki-』アニメ放送開始

2012年:麻雀最強戦 著名人代表決定戦 準優勝

2021年:Mildom チャンネル開設

2021年:YouTube チャンネル開設

今まで関わることのなかった人とも繋がれるところが、麻雀の面白いところだと植田さんは語る。麻雀を始めてから、それまで関わらなかった業種、年代の人と関わる機会が圧倒的に増えたそうだ。また、麻雀は本業である声優の仕事にも繋がっており、麻雀用語を扱うことの多い『咲-Saki-』の収録現場では、麻雀の経験が大いに役立った。対人ゲームとして麻雀を楽しみたいという植田さんは、ネット麻雀も好きだが、麻雀には対面でやるからこそ醍醐味があるとも語っている。麻雀を通じてその人の性格や人生観が見えてくるところにも、麻雀のおもしろさを感じているそうだ。

植田佳奈さんの活動

大人気声優として活躍を続けている植田さん。その人気は現在もとどまることを知らず、最新のアニメやゲームへの出演、ナレーションや音楽活動など、幅広く活躍を続けている。また、2021年からは趣味であるゲームの配信を中心に、配信者としての活動も始めた。ゲーム配信プラットフォーム「Mildom」を中心に、様々なゲームを雑談も交えて配信中だ。チャンネル内では、ネット麻雀「雀魂」において開催された大会「サクラナイツカップ」での視点も配信されている。「雀魂」において公認プレイヤーとして認定されているので、今後さらに植田さんの麻雀を見る機会が増えることへの期待が高まる。声優としての活動はもちろん、植田さんの配信者としての活動からも目が離せない。

植田佳奈さんと麻雀

植田さんは、とある作品に出演した際に行われた麻雀大会に参加したことがきっかけで、麻雀デビューすることとなった。植田さん×麻雀というと『咲-Saki-』をイメージする方が多いかもしれないが、それ以前から麻雀との関わりがあったようだ。この大会では全く勝てずに終わった植田さんは、すぐに戦術書を買って勉強を開始したという。負けて悔しい思いをしたからこそ麻雀にハマったそうで、このときもし勝っていたら麻雀にハマっていなかったかもしれないと語っている。

植田佳奈さんの麻雀の実力-強さ-打ち方

「声優界の雀姫」の異名を持ち、業界で麻雀好きとして有名な植田さん。だが意外にも、麻雀の知識や戦術に関してはあまり詳しくない、と自己評価している。その理由として、自分の打牌の理由を自信をもって説明できないことを挙げている。声のプロである植田さんは、声に関しては「演技に際して、なぜその声を出したのか」その理由を明確に説明できるそうだ。麻雀に関してはその自信を持てる段階ではないという。プロフェッショナルとして活躍する植田さんだからこその、厳しい自己評価といえるだろう。植田さんは勝利を求めるだけでなく、バラエティー的な立ち位置で、見る人に楽しんでもらえるような麻雀を打ちたいと語っている。

植田佳奈さんの対局時の様子

麻雀最強戦2011 著名人代表決定戦 2011/5/14

©麻雀最強戦公式

植田さんの丁寧な打牌選択と、笑顔で麻雀を楽しむ姿を見れるのがこの一局。植田さんが親番の東1局、植田さんの配牌は三色まで見える整った形。植田さんは三色のタネとなる牌を丁寧に残し、ドラ引きと三色をどちらも捉えられる牌姿に構える。中盤、高め三色、安めでもドラツモの形でリーチに打って出た植田さんは、なんとドラを一発ツモ。さらには裏ドラ2枚乗せて6000オールのアガリ。大ベテランに囲まれて少々緊張した面持ちだった植田さんだが、開局早々の手ごたえ十分のアガリに屈託のない笑顔がこぼれた。

麻雀最強戦2012 著名人代表決定戦 2012/5/19

©麻雀最強戦公式

植田さんが丁寧な手作りで大迫力の戦いを制したのがこの一局。東4局、親番で迎えた植田さんはドラのない手牌ゆえに、序盤から手役を狙った進行。そんな中、下家から先制リーチが入る。その手はなんと倍満確定の大物手。しかし、植田さんも一気通貫確定のリーチで応戦。戦うに値する手に仕上げてライバルと大激突。結果はドラ待ち七対子でテンパイしていた上家からアガリ牌を打ち取った植田さんの勝利。裏ものせて12000のアガリを決めた。丁寧な手牌進行でリターンを作り出した植田さんの選択が光った。

麻雀最強戦2012 女流プロ代表決定戦

SNSでの評価・評判

SNSでは、植田さんのゲーム配信に関する投稿が非常に多く見られた。現在「Mildom」を中心に配信をしている植田さん。YouTubeチャンネルも開設しており、今後も配信を楽しめる機会は増えていきそうだ。

植田さんの和気あいあいとした麻雀配信を楽しみにしているというファンは非常に多い。

『咲-Saki-』の主人公・宮永咲の声優を務めている植田さん。麻雀ゲーム『雀魂』ともコラボしており、ゲーム内で植田さんの「嶺上開花」を聞きたいという声がたくさん。

「Mildom」では麻雀をはじめ、FPSやRPGなどさまざまなゲームを配信中だ。豪華声優陣が参戦している回もあって、ファンにはたまらない内容となっている。

植田佳奈さんのニュース・こぼれ話

業界内の麻雀コミュニティ「二次元業界麻雀部」

植田さんはアニメ、漫画などの二次元コンテンツに携わる方が参加する麻雀部、「二次元業界麻雀部」の部長を務めている。400人以上が所属し、2ヶ月に1回ほど活動を行っているそうだ。自由に参加できることを大切にしており、業界柄スケジュール調整の難しいメンバーに配慮しながらも、業界仲間と楽しく麻雀を楽しんでいるそうだ。

植田さんの自宅は通称「雀荘うえだ」

植田さんの自宅は一時期、「雀荘うえだ」と呼ばれ、仲間と卓を囲んでいた。「雀荘うえだ」と呼ばれるようになった由来だが、植田さんの自宅には全自動麻雀卓が設置されており、部屋の壁一面に役満を上がった時のチェキが貼ってあったという。役満をアガるたびにチェキを残していたという植田さん。麻雀への熱意と愛が伝わってくるエピソードだ。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top