麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
銀玉親方の「麻雀で食え!」  痛い放銃

銀玉親方の「麻雀で食え!」  痛い放銃

BULL2021求人健康マージャン全国会

こんにちは、近代麻雀でコラムを30年くらい書いている山崎一夫です。

かつて「麻雀で食え!」という戦術を20年くらい連載しており、単行本にも3冊なってます。

現在はそれに代わって「でかぴん麻雀入門」を連載してます。

ここではかつての記事を再録し、現代に合わせた新たなコメントを付けています。よろしくお願いします。

痛い放銃

新年あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
ってことでさっそく、ぼくが経営している、フリー雀荘「たぬ」での、痛い放銃です。

トップ目で南入し、2着の親とは2万点くらいの差。おもに親を警戒しながら打つシーンです。

ところが、西家が[七][7]をポンポンで、手出しが[⑥]
[牌背][牌背][牌背][牌背][牌背][牌背][牌背] ポン[七][七][七] ポン[7][7][7] ドラ[西]

ぼくも、親落としのテンパイしているところにツモ[⑦]

[1][1][2][3][4][④][⑤][⑥][南][南]
ツモ[⑦]ポン[中][中][中] ドラ[西]

(三色同刻なんて、百年に1回くらいしか、できないんだけどな~)
いちおう敬意を払って[④]切り。

「ロン!」

く~、親マンに放銃だって。

[②][③][⑥][⑦][⑧][4][4][赤5][5][6][6][八][八] ロン[④] ドラ[西]

ちなみに親は[①][④][⑦]を捨ててなくて、ぼくも捨てていませんでした。
 
後で思ったんですが、もしかしたら親は、ぼくのピンズの振り替えの手順を、想定していたのかもしれません。

中年の常連さんで、勝ち組みのお客さんだっただけに、その可能性は高そうです。

ぼくが[①][④][⑦]を捨ててないと書いたのは、もし[④]を捨てていると、狙い撃ちされることが良くあるからです。(後述)
 

次のも、やはり手痛い放銃でした。
 
東1局、西家で最速2トイツ残しの一向聴。
 
[一][一][二][三][四][六][七][⑥][⑦][⑧][5][5][6] ドラ[⑤]

ここにドラの[⑤]をツモ。

[一][一][二][三][四][六][七][⑥][⑦][⑧][5][5][6] ツモ[⑤] ドラ[⑤]

[⑧]と入れ替えて、三色も狙うというのが順当なところ。

でも東パツなので、できればさらに[⑤][⑧]のノベタンを引いて、メンタンピンまで伸ばしたい。
 
なので[5]を1枚切って、完全一向聴を捨てました。

[一][一][二][三][四][六][七][⑤][⑥][⑦][⑧][5][6] ドラ[⑤]

理想(妄想?)はこんな感じ。
 
[二][三][四][赤五][六][七][赤⑤][⑤][⑥][⑦][⑧][5][6] ドラ[⑤]

実戦では三色目の[五]を引いて、上等なテンパイ。

[一][一][二][三][四][六][七][⑤][⑥][⑦][⑧][5][6] ドラ[⑤] ツモ[五]

「リー…」

「ロン」


[⑧]が親の高めに、刺さってしまったんです。しかも、今テンだって。

[二][二][六][七][八][②][③][④][⑥][⑦][6][7][8] ロン[⑧] ドラ[⑤]

先の人とは別の若い常連さんですが、やはり勝ち組と目される打ち手です。

こちらも、もしかしたら、ぼくが採った手順を期待していたのかもしれません。

ちなみにぼくは、こんな推理をしたことがないので、両方ともリーチをかけていると思います。 

もっと簡単なダマテンのセオリー

ドラ以外、先の手と同じテンパイです。

[二][二][六][七][八][②][③][④][⑥][⑦][6][7][8] ドラ[西]

もちろん、リーチでOKですが、もし他家1軒の捨て牌に[5]が1枚あり、もう1軒に[8]

さらに別の1軒が[7]を先切りしていたらどうでしょう。

待ち牌2枚見えでも、ダマテンなら、アガリは堅そうですね。 その他にも[⑦]がポンされている。ドラの[西]をポンしてる西家の現物が[⑧]

ライバルが[⑧]を捨てている。(先述)

マンズやソーズのホンイツがいる。リーチ者の現物待ち。リーチ者の先切り牌に[⑥][⑧]がある。

これは現物よりも[⑧]が出るのが遅くなりますが、やがて手詰まりで出る可能性がある。

これらは主に捨て牌に関することですが、他に各プレイヤーの着順や、さらには性格の影響もなど大きい。

次は、ダマでも出そうだけど、リーチでもどうぜ出そうなので、かけたほうが有利なケースを挙げてみます。

接戦で着順争いをしている人がいる。ノーテンにできない人がいる。飛びそうな人がいる。初心者がいる。勝負好きでめったに降りない人がいる。などが挙げられます。

ま、あまり深く考えないで、今年も即リーじゃ。

イラスト:西原理恵子

麻雀たぬ

麻雀たぬは今年で18周年!新宿・神保町の2店舗で営業中!駅近で店内広々と遊びやすい空間で麻雀しましょう♪麻雀たぬ 新宿店(麻雀王国)


麻雀たぬホームページ

山崎一夫Twitter

この記事のライター

山崎 一夫
ギャンブルライターとして各誌に麻雀やパチンコ、博打に関するコラムを執筆する。
都内で麻雀店「たぬ」2店舗を経営。

Twitter:@mahjongtanu
麻雀たぬオフィシャルサイト:http://homepage3.nifty.com/tanugoten/

新着記事

Return Top