麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
もっと勝つための現代麻雀技術論 第39回 「ヘッドレス形1シャンテンまとめ」

もっと勝つための現代麻雀技術論 第39回 「ヘッドレス形1シャンテンまとめ」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

[

3面子1面子候補の場合

 面子候補が面子になって単騎テンパイになった場合に、手変わりを待たず即リーチするのが有利になるような浮き牌を優先して残します。2面子形1シャンテンの場合とは牌の価値が変わってきますが、「よい手」になる受け入れ優先の原則は変わりません。

 ただし、待ちになった時に強い牌は1種あればよいので、2種目は3面子2面子候補のより手広い1シャンテンになる変化が豊富な牌を残します。

3面子2面子候補の場合

・面子候補2組が良形×2の場合
 暗刻や順子+面子候補の組み合わせのような雀頭を作りやすい組み合わせがあるかどうかで判断が変わってきます。
 雀頭を作りやすい組み合わせがあるなら良形×2を維持することがいいことが多く、3メンチャン以上の変則多メンチャンを残すケースは少ないですが、多メンチャンの待ちを見抜く力をつけることは手牌の形に強くなるためにも必要です。知識を身につけるだけでなく、知識を実戦で活かすためのトレーニングも欠かせません。

・良形+悪形の場合
 雀頭を作りやすい浮き牌があれば多くの場合悪形面子候補を落として、テンパイした時に良形確定にするのが有利ですが、悪形面子候補も雀頭を作りやすい場合(特にカンチャンのイーペーコーや、67889のペンカンチャン)に注意が必要です。 

・悪形×2の場合
 雀頭を作りやすい浮き牌が5678のように良形になる面子候補も作りやすい場合は浮き牌を残して悪形を外しますが、2444のように面子候補を作りにくい場合は悪形×2を維持することが多いです。

打点差がある場合

 アガリ率に大差無い場合は高打点になる受けを優先。浮き牌ドラと面子候補のように、ドラを残すとアガリ率が結構落ちる場合は、「ドラをツモらなかった時に有利になりやすい」ならドラ切り、ドラ単騎待ちになってもドラを切った場合よりよい手になりやすいのであればドラ残しというのが一つの目安になります。

 複雑な牌姿については基準を作るのは難しいですが、単純な受け入れ枚数ではなく、「良形テンパイになる受け入れが〇種ある1シャンテンならどの程度あがれるか」を意識するようにしましょう。

 

今回も問題を出題します。多メンチャン理論を身につける一環として多メンチャン絡みの問題です。

 問 残りの同色の牌が全てアガリ牌であるメンチンテンパイになる手牌は何通りあるでしょうか。

 

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top