麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
もっと食うための現代大食技術論 第10回

もっと食うための現代大食技術論 第10回

BULL2021求人ニルウッドカバー

 このシリーズも10回目となりました。麻雀コラムを遥かに超える人気記事となっているようで何よりです(笑)

 デカ盛り、大食いブログを長年やっていて色々と交流が増えましたが、最近になって、いよいよ本物のプロ、TVチャンピオンの大食い王選手権本戦出場者であるやまけん氏の大食いバトルに御一緒するご縁をいただきました。今回はプロの桁違いの食べっぷり、そして私のド素人ぶりをご紹介いたします(笑)やまけん氏のブログはこちらです。

やまけんのデカ盛り・大食いチャレンジブログ

image002

 今回のお店は武蔵小金井にある、「俵飯」。店主の名前が俵さんだから俵飯であり、俵のようなデカ盛りを出すからではありませんが、そう勘違いしてしまようなすごいボリュームのデカ盛り中華飯を提供しているお店です。

 武蔵小金井は私が学生時代住んでいた国分寺の隣ということもあって。在学中にも何度かお世話になりましたが、すぐ近くにラーメン二郎があるのでそちらに行くことの方が多かったですね(笑)

image004

 実に食欲をそそる写真の数々。何を注文するかは予め決めていたにもかかわらず、ここまで来て別のメニューにしようかという考えが一瞬頭をよぎりました(笑)

image006

 やまけん氏が挑むのは、すぶた飯(950円)俵盛り(1000円)肉増しダブル(250円)一番デカいのが「俵盛り」。基準は、「店主が持って重くなったら」と実にアバウト。大の大を食べきれる人でなければ注文を断られる代物であるうえに、並の時点で一般的には相当なボリュームだけあって、俵盛りの画像はネットで調べても見当たりませんでした。

 そのためずっと気になっていましたが、自分に完食できるレベルでないことは容易に想像つくので、実物を見る機会は無いものと思っていただけに大変貴重な機会となりました。

 私は黒板に書いてあったトッピングの「たまごシリーズ」が気になったので、天津飯(800円)大の大(600円)ふんわり卵(200円)ふわとろ卵(250円)うま卵焼き(300円)卵好きなんです(笑)麻婆丼や中華丼や唐揚げ丼のデカ盛りは結構みるけど、天津飯のデカ盛りは経験がないというのもチョイスした理由です。

image008

 東京学芸大学の目の前のお店だけあって店内は学生で賑わっています。当日はサークルの宴会で俵飯からオードブルの注文も入っていたようで開店前からかなりの混雑ぶり。

 今回は大食いバトルに同行された方も多くいらっしゃたこともあり、外のテラス席でいただくことになりました。青空の下でデカ盛り。つまり完全に見世物状態です(笑)

image010

 私の天津飯。例のごとく丼からこぼれています。正面の卵がうま卵焼き、左側がふんわり卵、右側がふわとろ卵だそうです。言われると確かに違いが分かります(笑)

 そして満を持してやまけん氏のすぶた飯が登場です。

image012

!??!

 器からこぼれているのはデカ盛りにはよくありがちですが、ここまで来るとこぼれているのではなく、こぼしています。お盆まで入れ物です(笑)長年色々なデカ盛りを見てきましたが、こんな盛りつけは前代未聞。この瞬間を見られただけでも参加した甲斐があったというものです(笑)

 写真撮影と計量を済ませていただきます。程よく甘い餡とふわとろな卵でご飯がどんどん進みます。これだけ食べやすいなら量の割にはあっさりいけるかな…と、最初の5分くらいまでは思ってました。

image014

 中間地点。ご飯がぎゅうぎゅうに詰まっています。そしてトッピングであれだけ大量に追加した卵がもう尽きかけています。大の大は米6合使っているそうです。そして俵盛りは米1升超え(1升=10合=約3.5kg)。いつかは文字通りの米1升食いをしてみたいと思っていますが、私にはまだまだハードルが高そうです。

 あまりにもご飯が多いので、こぼれた餡も活用しながら後半は一口一口食べ進めて何とか40分程度で完食。やまけん氏は持ち前の根性とプロとしてのプライドで、前人未踏(正確には以前TVで某大食い選手が完食していましたが、今回の俵盛りは更にパワーアップしています)の俵盛りを見事完食されました。

 天津飯は2.8kg。すぶた飯の俵盛りは何と5.4kg。実に私が食べた2倍もの量を胃袋に収めたことになります。プロと素人のレベルの違いを改めて感じさせられました。ご馳走様です。

追記:今回御同行して下さった方に、何と私の本の読者の方がいらっしゃいました。本人はあくまでやまけん氏目当てだったので、まさか私が来るとは思っていなかったそうです。食後に麻雀関連について色々とお話させていただきました。今後twitter(@nemata4GG)上でデカ盛り、大食いオフの「告知」をすることがあるかもしれません。その時は小食の方でも結構ですので、興味を持たれた方は是非とも御一緒しましょう!

【店舗情報】

俵飯
TEL:042-382-3025
住所: 東京都小金井市貫井北町2-18-3
営業時間:[火~金]11:30-15:00、18:00‐23:00[土・日・祝]11:30‐15:00、17:00-22:00
定休日:月曜日

▼食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1325/A132501/13089749/

 【お店の近くの雀荘情報】

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top