麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
もっと食うための現代大食技術論 第60回

もっと食うための現代大食技術論 第60回

BULL2021求人ニルウッドカバー

今回は「もっと食う」第4回、「全国デカ盛りの旅3周目」で取り上げた「葉隠一番」シリーズ。

中華丼特盛D。野菜に餡がかかっている分回鍋肉丼特盛Dより多め。この量だと「中華丼は飲み物」とはいかず回鍋肉の時より完食に時間がかかりました。

麻婆丼特盛D。特盛がある丼物は回鍋肉、中華、麻婆の3種類ですが、お腹にたまりやすい豆腐を何と5丁も使用している麻婆丼が間違い無く最高難易度。「もっと勝つための現代麻雀技術論」で紹介した時より更に量が増えてついに4kg超。ギリギリまで粘りましたが、食べ終わった時は既につけ合わせのスープを飲み干す余力さえ残っていませんでした。

目安としては特盛A1.5kgBが2kgC2.5kgDが3kgなのですが、大皿に盛りつける余裕がまだあるので、特盛Dの量は天井知らず。大食い選手権に出場された方が来た時はこれより更に量が増えていました。丼の特盛りDはこれ以上増やされたら食べきれないので、最近は麺類専門になっています(笑)

特ジャンボちゃんぽんとの激闘から数日後にいただいたソース焼そばジャンボ。麺類はどれもジャンボサイズにできますが、これくらいなら夜食にちょうどいいですね(笑)

五目そばジャンボ。スープは塩味で箸が進む味付け。店主からご飯のおかわりも勧められたので一杯だけいただきました。おかわり代はかからなかったので、麺類か定食を頼めばご飯は好きなだけ食べてもいいみたいです。ある時地元の高校生が餃子定食を頼んだら、店主がとんでもない量のご飯を盛りつけてきたことがありました。あまりの量だったので流石に半分にしてもらっていたみたいですが、今度訪問する時は白ご飯をデカ盛りにしてもらおうと思いました(笑)

隠ラーメンジャンボ+ジャンボ餃子。普通盛りで当店最高価格。隠ラーメンの正体は、いわゆるトッピング全部入り。大判の海苔で具が隠れていることから、隠ラーメンという名前が付いたのでしょうか。海苔を取り除くと、チャーシュー、太肉(ターロー)、鶏肉、煮玉子、ネギ、メンマ、ワカメと大量のトッピングが目白押しです。

ジャンボ餃子。1つで王将の餃子2つ分くらいと名前通りのジャンボサイズですが、丼や麺類があまりにジャンボなのでジャンボに見えません(笑)

じんやさいラーメンジャンボ。野菜たっぷり、スープは味噌ベースですが後から辛さがジワリときます。ご飯との相性は言うことなしです。

こちらはシンプルな味噌ラーメンジャンボ。

この日は炒飯大盛りも追加でいただきましたが、ここまで来ると丼特盛Dを食べた時とあまり変わらない満腹具合。余裕があればジャンボラーメン2杯に挑んでみたいですがこの分だとかなり厳しそうです(笑)

夏季限定の冷やし中華極辛。辛い物は得意ではないのですが試してみたくなる性分なのでオーダーしたところ店主から制止が入りました。デカい方は何を頼んでも制止されなくなりましたが、まさかこういう形で制止が入るとは(笑)冷やし中華だったので辛くても食べやすかったですが、熱いラーメンで激辛は私には厳しそうです。

そのうち全メニュー制覇…といきたいところですが、これでもジャンボにできるメニュー限定でもほんのわずか。これからもお世話になりたいお店なので、気長にやっていこうと思います。まとめて御馳走様でした。

 

【店舗情報】
葉隠一番」 

▼住所
佐賀県杵島郡江北町大字山口1625-2

▼営業時間

[月] 11:00~14:30

[水~日] 11:00~14:30 17:00~23:00

▼定休日
火曜日(ランチタイムは営業) 

【佐賀県の雀荘情報】
https://mj-king.net/tokushuses/prefs/41

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top