麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
もっと食うための現代大食技術論 第59回

もっと食うための現代大食技術論 第59回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 白いご飯に合う福岡名物と聞いてまず思い浮かべるのは明太子ですが、その次が「鉄板焼肉」。熱々の鉄板に豚肉とキャベツを油とニンニクで炒めた物を特製の辛味噌で食べるシンプルなものですが、その中毒性のあるウマさで多くのファンがいます。画像は「鉄板焼肉」の元祖とされる、「びっくり亭」高宮店の焼肉3人前ご飯特盛り。メニューは基本的に焼肉とご飯のみで量を指定するシンプルなスタイルが人気になり、類似のお店が各地で見受けられるようになりました。

 画像のご飯特盛りも結構な盛りですが、ご飯喰いの私にはやや物足りない量。ご飯によく合うおかずというだけあって、中にはご飯の量がとんでもないことになっているお店もあります。今回はそんな「鉄板焼肉+デカ盛りご飯」シリーズです。

 「博多まるび」のご飯特大+鉄板焼き1人前。博多とありますが久留米のお店。大盛ご飯2杯を上下に合体させて作る、まさに「日本昔話盛り」。たっぷりの油とニンニクで炒めた豚の細切れと甘味のあるキャベツ。シンプルな味付けですがこれが旨い。アルコール党の方ならここでキンキンに冷えたビールが欲しくなるのかもしれませんが、私はやっぱり山盛りのご飯です。

 大分県にある、「じゅうじゅう亭」敷戸店の超マンガ盛りご飯+鉄板焼W。ご飯だけで1.5kgになるこのセットを30分以内に完食すれば無料。鉄板焼は辛子味噌(豚肉、キャベツ、ニンニク)とポン酢(鶏肉、キャベツ、柚子胡椒)が選べます。この手の鉄板焼は辛子味噌が王道ですが、今回は食べやすそうなポン酢にしました。鉄板焼はご飯との相性バッチリですが、カレーのような流動性がないので思うように減っていきません。後半は飽きとの戦いにもなります。ポン酢味はさっぱりいただけますが、飽きを考えたらやはり辛子味噌の方がよかった気もします。

24分ほどで完食。チャレンジ前にもっとポン酢をかけるなどして喉を通りやすくしていた方がもっと早く食べられたかもしれません。何とか成功しましたが課題が残るチャレンジとなりました。御馳走様です。

【店舗情報】
博多まるび」 

▼住所
福岡県久留米市東合川7-10-8

▼営業時間
[月~水・金]
11:00~15:00
17:00~22:30(L.O.22:00)
[土・日・祝]
11:00~22:30(L.O.22:00)
日曜営業

▼定休日
木曜日

じゅうじゅう亭」 

▼住所
大分県大分市大字鴛野1046-1 笠木ビル 1F

▼営業時間
11:00~14:00
18:00~翌3:00
日曜営業

▼定休日
火曜日

【大分県の雀荘情報】
https://mj-king.net/tokushuses/prefs/44

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top