麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第930回「『これだけで勝てる! 麻雀の基本形80』編 著:福地誠」編

ネマタの戦術本レビュー第930回「『これだけで勝てる! 麻雀の基本形80』編 著:福地誠」編

CABO求人MEWS
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるものを取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

5 打 愚形カンチャンより変化でタンヤオがつく浮き牌を残してシャンテン戻し

9 基本打としますが、序盤ならツモからのドラ2枚使い(など)までみて切ります。

12 打 一手先トイトイ変化もみてターツオーバーに受けます。発ポンした時も端よりのが残るのでアガリ率で劣らない。

13 打 は68+899とも見られるので二度受け。よりの方が不要です。

28 打リーチ が特に止められやすいのでなければ打点重視でシャボに受けます。

43 打 三暗刻、一盃口受けが残り、崩れてもエントツ待ちにはなるので高打点の受けを優先します。

50 単騎が苦しいというよりは、ツモでドラが出ていくので高打点になる受けで劣ることが理由としては適切です。
53 打 先に筒子が埋まることが多いので受けと引き変化よりスジカン待ちを残します。

68 切りますが、様子見というよりは、強浮き牌であるドラ白をなるべく引っ張りたいので、変化を最大限にみる観点からトイツよりを残します。

日本プロ麻雀協会の『進取果敢 ~強者たちの選択~』

麻雀はまわりの人の教え方次第で強くもなれば全然強くならない、ひどい場合は嫌いになる場合すらあります。
本書には今まで誰も教えてくれなかった勝てるコツがたくさん入ってます。
基本から応用までしっかり学べる1冊です。

購入はこちら

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top