麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳日記 第27回

ネマタの天鳳日記 第27回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

image001_R

 天鳳ルールならダマでも満貫なら基本ダマという方が多いと思いますが、個人的には案外リーチがよいケースも多いと考えています。しかしこの図のように、かなりのダントツが出来て、うまく跳満になったところでトップが遠いなら流石にダマに分があります。

 平場でギリギリまで局収支を追うことよりも、明確に平場ではないケースで局面に応じた対応ができることの方が結果に与える影響が大きいので、実力者の中でもダマ満貫は基本ダマという見解が天鳳では主流になっているとみています。

 個人的には平場外のケースで正しく対応できたうえで、局収支をギリギリまで追うべき時に追える打ち手になれればと思っております。この局はトイメンからが出て7700のアガリになりました。

image003_R

 今度はなおさらリーチのメリットが無いラス前。

 自分がツモっても、リーチ者に跳満ツモられても2着終了な一方で、放銃した時は3着落ちの可能性が出てくると考えると、そもそもも押さない方がよかったかもしれませんが、当たるパターンも少なく万が一のトップの可能性をみて通してみました。

 下家からすぐにが出て8000のアガリでオーラスです。

image005_R

 逆転トップのためには跳満直撃か倍満ツモ、あるいはリーチ棒が出てから跳満ツモ。

 相当ハードルが高いですが、逆転されるのは下位者への三倍満以上放銃や役満ツモられるくらいと更に滅多に起こらないので、これなら完全に逆転狙いに絞って打ちます。

 リーチツモタンヤオチートイツ赤裏裏、リーチツモダブ南三アンコ赤裏のようなケースがあるのでと切ります。

image007_R

 …まさかの四暗刻がみえてきました。こうなると重なりにくいドラ表示牌の切り。少しでも重なりやすいと分かる要素がある牌があればそちらを残します。

27回2

 ついに1シャンテン。危険牌先切りと、トップ目からでの跳満直撃を期待してを切りましたが、ツモでも裏ドラやリーチ棒次第で逆転できたのでこれは素直にがよかったかもしれません。

27回

 結果は不発に終わりましたが、一発逆転の大物手一本に絞って打てる局面はなかなかなく、普段とは違った打牌選択が必要になるので面白いですね。

 惜しむらくは、最善を尽くせたところで成就することは稀なので、「腕の見せ所」ではあっても、「実力が結果に反映されること」はほとんど無いですが、その分万が一成就した時の喜びは格別です。

 着順上昇が絶望的でも、諦める必要も全くないのであれば、僅かでも逆転の可能性が無いかを考えて打ちましょう。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top