麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳日記 第122回

ネマタの天鳳日記 第122回

CABO求人ニルウッドカバー

第122回 ネマタの天鳳日記_html_108e4e1c8a0e50f9-min

 前回の満貫放銃から持ち直して、のみ手でもツモか直撃ならトップになれるお2着目オーラス。しかし配牌はメンツ候補が足りていますが1メンツもなくアガリやすいとは言えない手牌。

 第41回の0メンツ打法でも取り上げましたが、オーラスアガればよいという状況でも他に役が無ければ浮き牌の役牌を残した方がよいでしょう。

 役牌が重なり仕掛けがきくようになるということは、カンチャンであってもメンゼン限定のリャンメンと同程度にメンツになりやすくなるということなので、アガリまでにメンツ候補を4つもメンツにする必要あある0メンツの段階であれば、単に1メンツできるよりアガリやすいのではないでしょうか。

第122回 ネマタの天鳳日記_html_fb5acf85da7461b4-min

 役牌の後々付け以外に345三色やクイタンのアガリもあります。テンパイノーテンでも着順が変わるこの点数状況ならもちろん、平場でもドラ3ならメンゼンで進めるメリットが薄いので鳴きでしょうか。

 345三色や役牌の手としてみれば3シャンテン、クイタンとしてみれば4シャンテンなので、役牌が重なった時は仕掛けやすいシャボを残せるようにでチーして打としました。

第122回 ネマタの天鳳日記_html_f516f8c5ec4a63a6-min

 がトイツになりクイタンに移行する際の雀頭も出来たので打。こうなればを残していた方が若干アガリやすい。

 を残すことがメリットになるのはすぐを引いてきた場合だけなので、「特定の牌を引いた時より、その牌を引かなかった時のことを優先」の観点からをチーしたところで打がよかったと思います。

第122回 ネマタの天鳳日記_html_f149d83bc37fbfea-min

…河のを拾いたいですね(笑)

第122回 ネマタの天鳳日記_html_f925024b8b7e7309-min

東家もあまり手が早くなかったようで何とかテンパイ。しかしが残っていれば1巡前にテンパイできていました。

第122回 ネマタの天鳳日記_html_42a8f6b026c99ee7-min

 トップを取れたとはいえ反省点が非常に多い半荘でした。手が入っている時ほど打牌選択の巧拙で結果に差がつきやすいものですから、実は負けた半荘より勝った半荘の方が見直すべきところは多いかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top