麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳日記 第133回

ネマタの天鳳日記 第133回

CABO求人ニルウッドカバー

第133回 ネマタの天鳳日記_html_bed610a071a5fae あと1つピンズか字牌でメンツ候補ができるとホンイツの4メンツ1雀頭の候補が揃いますが、打とするとトイトイの4メンツ1雀頭の候補が揃う変化を失うので打

 これは簡単ですが、「安め拒否」と考えると誤ってしまうかもしれません。前回申しました、「安めを受け入れた先に高めの変化がある」ケースです。

第133回 ネマタの天鳳日記_html_203a8bc4b809b04a

 2翻悪形テンパイで切る牌は両無筋ですが、仮に安牌が豊富にあったとしても、アガればトップ、放銃しても満貫までなら着順変わらずの2着目。

 テンパイ者と点差が近く、残りの2者とは離れている。「一騎打ち」の点数状況では押すことが増えます。

第133回 ネマタの天鳳日記_html_ade9068c163aaf0b

 ツモで待ち選択。残り2枚の単騎となると現物待ちに受ける意味合いも薄いですが、も比較的通りやすいならアガリやすい待ちに受けるに越したことはないので打。リーチ者から出て2600のアガリになりました。

第133回 ネマタの天鳳日記_html_ae7f78d7e93f00c6

 トップで迎えたオーラスで再びトイメンからリーチ。

 こちらはまだノーテンですが、仮に南家の手が2600点以下なら放銃してもトップ。それ以上なら今度はツモられても逆転。満貫以上ならツモられても逆転。放銃してもほぼ2着止まり。

 流局に賭けたほうがよいくらい巡目が深い手牌がアガリに遠いのであればともかく、この巡目で完全1シャンテンなら押します。先ほどと同じく「一騎打ち」の点数状況なのがポイントです。

 トップ目は引き気味、ラス目は押し気味というのは一般論としては正しいですが、順位だけでなく、他の3者との点数関係を把握したうえで判断することが必要です。

第133回 ネマタの天鳳日記_html_ff9c191f2b419b2c

 は通っていて、は大体リャンメン待ちにしか当たらないがは悪形待ちに当たる可能性がある。

 が当たり牌の場合はツモなら放銃を回避できるから打とする手もあったかもしれませんが、打としたところで次に通ってない牌を引けばを切ることになるので単純に受けが広い方がよいとみます。

 結果はが放銃牌のうえ、トイメンの当たり牌は既に山に残っていなかったので降りていればトップを取れていたパターンでしたが、が特別当たりやすいと読める情報がないため、勝負所(第70回参照)である以上やむなしと判断しました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top