麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳日記 第132回

ネマタの天鳳日記 第132回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

第132回 ネマタの天鳳日記_html_434b1e6097a84246-min

 雀頭がありませんが、メンツとメンツ候補が5つあるのでメンツ候補オーバーの手。以外のメンツ候補はいずれもチャンタ絡みです。

 それならを引いた場合も、のカンチャンより重なりでチャンタの4メンツ1雀頭の候補が揃う浮き牌が残っていた方が有利なので打。メンツを逃すツモでも、今度は打としてツモからの純チャン三色まであります。

第132回 ネマタの天鳳日記_html_2a3862594ad5037c-min

 チャンタを狙うと言っても決め打つとは限りません。ツモで雀頭が出来たので、今度は雀頭の789三色や他のメンツ手もあるので打

 アガリの形は4メンツ1雀頭ですから、唯一の雀頭は言うなれば完成品。雀頭落としがさほど悪くない手牌ならそこまで珍しくはないですが、大抵は先に切った方がよりよい手牌になるような浮き牌かメンツ候補があるもの。

 から打落としかといったメンツとの比較を除けば、唯一の雀頭を切るのが最善であることは稀です。

第132回 ネマタの天鳳日記_html_4edc031e80f012a4-min

 チャンタか三色と思いきや、ツモの一通変化もある形になりました。高打点を狙うなら「安め拒否」とよく言われますが、実際は、「高めの受け入れを増やす」ことが肝心です。

 高めの受け入れを増やさない「安め拒否」では、アガリ逃しが増えるのは勿論、「安めを受け入れた先に残る高打点変化」を逃すこともあります。

第132回 ネマタの天鳳日記_html_1aea117f9c195067-min

 結局平和のみリーチになりましたがこれはこれでよし。アガリに近づけば近づくほど手変わりのチャンスは減る一方、受け入れを狭めるリスクが大きくなるので、高打点への受け入れ、変化についてはアガリに遠い段階こそ重視すべきです。

 しかし、アガリに遠い段階ほど手作りの方針が見えづらく、アガリに近い段階ほど手変わりの存在もはっきり見えるようになるので、見た目でなんとなく打牌選択を決めていると逆になりがち。手役を狙うかどうかは別として、配牌の時点では狙えそうな手役を確認しておく、そして手牌の価値を正しく知ることが肝心です。

第132回 ネマタの天鳳日記_html_eb54c2b8fa894e84-min

 運良くをツモって裏1で満貫。これでトップとの差がかなり縮まりました。次回へ続きます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top