麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳日記 第137回

ネマタの天鳳日記 第137回

CABO求人ニルウッドカバー

第137回 ネマタの天鳳日記_html_637436b576b6f569-min

 配牌で2メンツ。しかもマンズと字牌で11枚のチャンス手。もちろん目指すはホンイツです。

第137回 ネマタの天鳳日記_html_82210ca2325fa0e3-min

 手牌が13枚ともマンズと字牌になりました。かなりアガれそうではありますが、役牌を鳴いて字牌やを切ると、ドラそばのよりもそれらの牌が必要であったことからホンイツが読まれやすくなります。

 そのため河作りも兼ねて西から切り出すことも考えましたが、読まれやすくなるといっても字牌は比較的鳴きやすく、先にをツモるならマンズを1枚も切らずにホンイツテンパイになるので、が重なる受け入れを消してまでするほどではないと判断しました。

 これがマンズの形がなら打が有力とみます。今度はメンツ候補が足りています。が重なった方がアガリやすく安牌にもなりやすいとはいえ、メンツ候補が足りてない時に比べればを残す意味合いは薄いです。

 を残したところでいずれホンイツと読まれてしまうこともありますが、ホンイツと読まれる巡目が遅れればそれまでに字牌やが他家から鳴ける可能性も上がります。

 メンゼン手の場合はテンパイした時にアガリやすくなるだけですが、鳴き手の場合はテンパイ以前の段階でもシャンテンを進めやすくなる効果があるので、鳴き手でメンツ候補が足りている時は河作りも意識したいところです。

第137回 ネマタの天鳳日記_html_cc86506999e677fc-min

 ツモなら安め3翻になるので手牌だけならから切るところですが、その程度のロスならホンイツへの警戒を多少弱められるに越したことはないとみてから切ってみました。

第137回 ネマタの天鳳日記_html_2850d72d00daa46b-min

 11600(+3本場)のアガリ。ラス回避だけでなくトップまで見えてきました。

第137回 ネマタの天鳳日記_html_ed28b48b1c4f2261-min

 連荘が続きますが途中で南家の満貫とのダブロンもあったので点差は更に開きましたが、この手をアガればトップ。北家からならトビ終了です。

第137回 ネマタの天鳳日記_html_c8cec8eeedeff79d-min

 トップまでかなり遠く、降りていればラスにはなりにくい3着目から追っかけ。嫌な予感がしますが…

第137回 ネマタの天鳳日記_html_2cfba4a427430919-min

 やはり追いかけるに見合うだけの手が入っていました。結局この半荘は3着で終了。仕方ないとはいえ長丁場になって盛り返したところで結局勝てないのはがっかりしますね。ラス回避できただけでもよしとしましょう。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top