麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの天鳳日記 第165回

ネマタの天鳳日記 第165回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

01

 親の先制ピンフテンパイなので当然リーチといきたいところですが、実戦では迷いました。余裕のあるトップ目なので加点のメリットが薄い、ツモの手変わりがあるというのもありますが、最大の理由は南家の河です。南家は序盤からマンズとソーズの中張牌を手出しで連打。その後手出しで2枚切れを切っています。(中張牌の手出し連打だけなら、染め手ではなくチートイツやコーツ手も考えられますが、2枚切れのを抱えていたことからその可能性も薄いためほぼピンズ一色手狙いでしょう。)

 序盤から手役狙いで中張牌を連打しながらメンゼンで進めている他家については、大抵はアガリにまで遠いのでさほど気にすることはないのですが、明確にピンズ一色手狙いの他家がアガリに遠いところから果たしてを切るでしょうか。これが鳴き手であれば、アガリまでかなり遠いところから手が入っているように装い、他家を牽制するためにあえてピンズを切るブラフもそれなりに見かけますが、メンゼンならそもそも警戒されないことが多いので、ブラフで染め色の牌を切る打ち手は少ないのではないでしょうか。

 南家の切りがブラフではないとするなら、南家の手牌はピンズと字牌のメンツ候補が既に揃っていることになります。鳴き手で一色手狙いの他家がその色の牌を切ってきたら結構な確率でテンパイしているのと同じように、南家がダマでテンパイしている確率は決して低くはなく、少なくとも1シャンテンにはなっています。

 平場で親のピンフテンパイであれば、仮に高打点テンパイが確定している他家がいたとしても追いかけリーチが損になりません。しかし今回は高打点への放銃だけは特に避けたい点数状況であり、南家がよりテンパイ濃厚になれば他家からの出アガリも期待しやすい。順位戦で加点のメリットが薄い天鳳ルールならダマがよかったように思いました。

02

 迷った末にリーチしたところ南家が勢い良くツモ切り追っかけ…リーチを取り消したくて仕方がありませんでした(笑)

03
 
 南家はメンホンチートイツドラドラのダマテン、リーチで倍満以上確定テンパイでした。正直生きた心地がしませんでしたが、結果は何と一発でツモって裏も乗って4000オール。盤石のトップになりました。
 将来のリスクに備えるためにも、基本はトップ目でも先制なら点差をつけるリーチが有力ではあるのですが、今回は分かりやすい情報があっただけに今のリスクにもっと敏感になるべきだったと思います。
 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top