麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳日記 第184回

ネマタの天鳳日記 第184回

CABO求人ニルウッドカバー

184-1-min

 タンヤオのメンツ候補は揃っていますが、メンツが1つも無くメンツ手3シャンテン、一方チートイツは2シャンテンで高めならホンイツまでつきます。それなら高打点の受け入れ優先で字牌残し。他色部分にリャンメンがあると見落としがちかもしれません。浮いた字牌を切る前に、本当に不要と言えるか手牌全体を見て確認します。

184-2-min

 先にを引いた時はリャンメンが揃い、染めなくてもメンゼンで満貫クラスが見えるメンツ手2シャンテンになるので打とします。マンズ引きでもツモによっては字牌を切ることになるので、もしの代わりがであれば、いきなりは落とさずに切りでしょうか。こうなればもちろんホンイツ狙いです。
 ここから何が出たら鳴くかも迷うところかもしれません。一般論としてはチートイツ1シャンテンよりトイトイ2シャンテンの方がアガリやすいのですが、ドラ表示牌にある残り1枚のが鳴ける可能性は流石にかなり低い。トイトイ以外のメンツ手でも高打点が見込めるとはいえメンゼンよりは若干安くなるので、次に鳴ける牌が出た時にリャンメン×2以上の1シャンテンになるは鳴くが他はスルーと判断しました。

184-3-min

 実はダマ出アガリ12000と思ってリーチしようか迷っていました。ホンイツはメンゼンなら3翻役。大抵鳴いて2翻になるのでよく忘れます(笑)
 西家から出ると2着のままトビ終了なので、ダマ18000でも24000になる可能性を考慮してリーチも案外有りなのかもしれませんが、この河でリーチすると1枚切れ単騎とはいえ止められそうで、18000をアガれば少なくとも2着以上は安泰となれば段位戦は流石にダマがよいとみました。

184-4-min

南家から即出て18000のアガリ。こちらの河により通りやすい牌を山ほど持たれているので、リーチしていれば出アガリは望めなかったでしょう。これでトップと僅差にまで詰め寄ることができました。次回に続きます。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top