麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
麻雀用語辞典 51.次局、ジク、ジゴ、地獄待ち、仕込み、次巡、沈み

麻雀用語辞典 51.次局、ジク、ジゴ、地獄待ち、仕込み、次巡、沈み

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

次局(ジキョク)

 次局とは、今やっている局の次の局です。今が東1局だとしたら、次局は東1局の1本場か東2局ということになります。局が次に移っていくと次局となります。

ジク

 ジクとは、親がサイコロを振って9が出たときに、自分の山の9つ目で切って、牌を取り出すことを言います。9が出たら自分の山なので、3、3、3で9数えます。ドラを開けて牌を取り出します。自分の山で9つ残していますから、ジクということになります。自分の山の右から9番目で切って取り出していくことです。

ジゴ

 ジゴとは、親がサイコロを振って5が出たときに、自分の山の5つ目で切って、牌を取り出すことを言います。サイコロを振って5が出ました。自分の山です。自分の山の右から5つ目で切って取り出していく。ジゴで取り出していくということになります。

地獄待ち(ジゴクマチ)

 地獄待ちとは、場に2枚出ている牌の単騎待ちのことです。例をあげると、が場に2枚出ているときのの単騎待ち。が2枚出ているときのの単騎待ち。あるいは、が2枚出ていての単騎待ち。こういった単騎待ちで当たったら地獄待ちだなという言い方で使うことが多いです。最後の1枚を狙った、まさに地獄で待っている形が地獄待ちです。

仕込み(シコミ)

 仕込みとは、積み込みなどの如何様を仕込まれていることを言います。如何様をちょっとやっている。もう仕込まれている。仕込みが済んでいる。仕込みは怖いですね。

次巡(ジジュン)

 次巡とは、次の巡目のことです。麻雀は一巡一巡と進んでいきます。4人が捨て終わると1巡が終わります。一人一人が何か牌を切って、4人が捨てると1巡が終わります。次巡というのは、自分が何か切った、その次のことです。その次も次巡、その次も次巡と巡目がどんどん進んでいきます。自分が牌を切ったその次が次巡ということになります。

沈み(シズミ)

 沈みとは、自分の点数が沈んでいる状態のことです。最初に配られた点数よりマイナスとなっている状態です。自分が沈んでいるということでございます。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top