麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
土田のデジタル 106.牌譜再生機能とは?その活用法

土田のデジタル 106.牌譜再生機能とは?その活用法

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 牌譜再生機能という非常に便利な機能を使って、レーティング2000を超すためのトレーニング方法が3つあります。

 1つ目。リーチをかけた人の待ちと、宣言牌、直前の2つの手出し牌を見ます。ツモ切りリーチの場合は、待ちと、直前の2つの手出し牌を見ます。また、鳴いた人の最初の鳴きのときの手出し牌を見ます。次の手出し牌も見ます。この2つを見ることで、手牌と手出し牌の関係性がよく分かり、危険牌と安全そうな牌の仕分けが自然にできるようになります。

 2つ目。自分の読みが合っていたのかをチェックします。牌譜を再生して、その局の山読み、残ってる山に何があったのか、相手の手の高さが読み通りであったのか答え合わせをします。また、相手は何の手役を狙っているのか、河を見て考えます。自分の読みの精度をチェックし続けていくことが大事です。

 3つ目。自分が鳴いて喰い流した牌を見ます。門前で打っていれば入っていた牌を必ずチェックしてください。こういうときは鳴いた方がよい、鳴かない方がよい、ということを確認します。

 地道な作業ですが、レーティングを上げるためには、自分がしたこと、相手がしていたこと、読みの答え合わせを行うために、牌譜再生機能を活用しましょう。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top