麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
土田のオカルト 44.数牌より後に切り出す意味

土田のオカルト 44.数牌より後に切り出す意味

BULL2021求人朝宮あろま

 オカルト的には、字牌は数牌よりなるべく後に切ったほうがいいです。それは、字牌によって局面が動いていくことが多々あるからです。鳴かれるか、鳴かれないかは問題ではなく、2枚切れであっても大切に扱ってください。
ツモ

 ドラはです。3巡目にを引きました。は2枚切れ、は生牌です。普通はを切ると思いますが、ここはを切ります。どちらを切っても四向聴ですので、手牌の先読みをして、を使ってもう1組作ることを想定します。を2枚引いた場合の形を残したいと思うかもしれませんが、確率は低く打点も下がる可能性があります。また、を持っておくことで、早いリーチに対して押し返すことができます。
ツモ

 を切ると、次にを引きました。ここでもは切らずにを切ります。そしてを引くなど、もう一手進んだときに初めてを切ります。オカルト的には、ツモが良いときにはポンされないほうがいいので、生牌のより先にを切ります。
 字牌を切ることを頼りに打っている人は、なかなか全体的な場が見えず、大局観も生まれてきません。4~5巡目までに、先に見切っていける数字の牌を考えながら麻雀をしていれば、かなりの腕前になります。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top