麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
土田のオカルト 109.受けの七対子はレア

土田のオカルト 109.受けの七対子はレア

CABO求人ニルウッドカバー

 中盤戦で相手からリーチがかかって、七対子模様に受けながら手を進めていくという考え方には疑問を呈します。

 自分が思わしくない状況にあり、ツイてないから受けるのであって、自分の状況が悪くなければ、攻めると思います。ですから、受けの七対子にしようという発想はなく、もし中盤戦でツイてない自覚があれば、降りましょう。

 7巡目で親からリーチがかかりました。ドラはです。一発でつかまされた牌はです。親に通っている牌は、です。を切って、を持ってきて、を切って、タンヤオ、チートイ、ドラ、ドラにしていくんでしょうけれども、そういう打ち方には賛成できません。

 ドラ、ドラですから、攻める手です。を引いてきたからといって、現物のを切る必要はなく、萬子に伸びがあると思うのであれば、で勝負する。で勝負して、の現物を切っていくぐらいの打ち方をしましょう。安全に打って、もしかしたら七対子も行ける、イーシャンテンになるといった打ち方は、受けの七対子とは言いません。ひよりの七対子です。

 1巡目の手牌です。1・9字牌が8種類もあるので、受けの七対子を狙いながら、本線は国士無双を狙います。このように本当に配牌がバラバラのときなら、受けの七対子はあります。

 中盤から受けの七対子に切り替えていくのは非常に危険です。受けて七対子でしのごうと思ったときは、やめたほうがいいです。受けの七対子は、基本としてはありません。配牌から受けの七対子をやる場合は別です。強く自覚しておきましょう。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top