麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
天鳳そこそこ攻略日記 第7回

天鳳そこそこ攻略日記 第7回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 ネット麻雀ってリアルと違って、相手の表情(感情)がわからないと思う人は多いかと思います。

 でも打ち続けてると結構わかることがあるんですよ。

 

 例えば、ちょっと雑な打牌が多くて、打牌が極端に早かったりすると、負けて熱くなってるのかなーとか。

 あと、勝負打牌を切るタイミングが普段よりちょっと早いとか。

 

 このあたり、自分で打っててもどうしても感情が入ってしまう時があります。

 なかなか無心に打つというのは難しいですね。

 

 でも感情が入っている打牌を見るのは、個人的にとても好きです。

 だって人間同士の勝負だもの。

 天鳳名人戦なんかも、対局者の表情が見えると、また別の楽しみ方があるんですけどね。

 

 

 さて、ひっそりと終了したかと思いきや、何事も無かったかのように始まりました第7回。3ヶ月以上も空けてしまいまして申し訳ございませんっっっ!

 また少しずつ更新していきます!(そもそも天鳳を全く打っていない・・・)

 

 さて、前回の問題のこの超絶チャンス手。こんな手になっちゃったらドキドキしてしまうのですが、このときはいかにトップ目と2着目からアガるか、それを悟られないように冷静に打てたように思います。

2015080823gm-00a9-0000-f4924c49&tw=2&ts=9

 

 「麻雀で何切る!?」でも出題していたのですが、こんな結果になりました。

a

 チートイツの可能性も残る最も手広いが65%の表を集めて圧倒的人気ですね。

 

2015080823gm-00a9-0000-f4924c49&tw=2&ts=9

 私の選択は2番人気の打(ツモ切り)

 山にいそうなのポンテンは逃したくないのですが、それよりも将来待ちになった時のぼかしを優先しました。

 

 この手牌は、鳴ける牌が出たら何でも鳴くような体勢だと思います。そしてそのような展開になる確率が高そうです。

 たとえば打としてマンズが鳴けた時、

  

 最終打牌が打待ちになり、5巡目にを打っているので、かなり読まれやすいのではないかと。(リャンメンチーによるダブ南アンコ警戒とチー出しソバテン)

 もっとも、テンパイより先に下家や対面にを打たれると、かなり厳しくなるのですが・・・

 

 実戦では、サクっと高目をツモってからの

 2015080823gm-00a9-0000-f4924c49&tw=2&ts=92

 

 

 ツモで倍満のアガリとなりました。

2015080823gm-00a9-0000-f4924c49&tw=2&ts=93

 

 他の人の手牌はこんな感じでした。

2015080823gm-00a9-0000-f4924c49&tw=2&ts=94

 

 この手順で打つと相手から自分はどう見えるのか、ということを考えると、また麻雀が面白い!

 特にどうしてもアガリたい手牌の時は注目されやすいので、フィニッシュまでを想定して工夫したいですね。

 最後に藤田晋最強位のありがたいお言葉↓

fuji

この記事のライター

taroo 河下太郎
麻雀王国代表取締役。学生麻雀連盟理事。
最近はYoutubeの麻雀ウォッチチャンネルに力を入れています。チャンネル登録よろしくお願いいたします!

新着記事

Return Top