麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
麻雀企業対抗戦 セガゲームスがCAに勝利!

麻雀企業対抗戦 セガゲームスがCAに勝利!

BULL2021求人ニルウッドカバー

 麻雀最強位2014を獲得して以降、精力的に麻雀活動をしているサイバーエージェント(CA)代表取締役社長の藤田晋さん。同社の麻雀部は130名以上が在籍し、日夜部活動に励んでいるといいます。その麻雀部が「麻雀企業対抗戦」として、様々な企業とチーム戦の麻雀大会を開催しております。

 今年の2月からスタートして以降、博報堂、DeNA、三越伊勢丹と三連勝したところから、クレディセゾン、スターティアに連敗。負ければ勝率五割の大一番で迎えた7月4日の第6戦。対するは、麻雀ゲーム「MJ」でおなじみのセガゲームス。「絶対に負けられない」と意気込む藤田さんですが、普段から麻雀に携わっている会社だけにこれは手強い!?

 セガゲームスを率いるのは「龍が如く」シリーズなど数々の人気タイトルのプロデューサー・名越稔洋さん。「楽しいと思える数少ない趣味なので頑張ります!」と意気込みを語りますが、自身は麻雀最強戦2013著名人代表決定戦にも出場した実力派です。

 セガゲームスの里見治紀社長が「MJの開発チームを引っ提げてきました。名越を筆頭に14年も麻雀を作っているチームですからね。名越も『龍が如く』の中で雀荘を経営してますから(笑)きっと負けないと思っています。」と激励。これはセガゲームスも負けられないぞ!

a20150704-DSC_0002
左から、里見治紀さん、藤田晋さん、名越稔洋さん

 

a20150704-DSC_0006
この日からユニフォームを着用した藤田さん

 

a20150704-DSC_0046
この日は終始苦しい戦いだった名越稔洋さん

 

a20150704-DSC_0026
作戦会議をするCA麻雀部

 

a20150704-DSC_0028
作戦会議をするセガゲームスチーム

 

a20150704-DSC_0039
独自に得点を集計し、対策するセガゲームス高畑さん。ガチです。

 

a20150704-DSC_0051
熱戦を見守るCA麻雀部顧問・坂井秀隆プロ

 

a20150704-DSC_0058
新ユニフォームには「abema(アベマ)くん」と318(サイバー)が

 

 

 この麻雀企業対抗戦ですが、6人対6人のチーム戦で行われます。3ステージに分かれており、各ステージで勝利したチームに旗が与えられます。最終的に旗の数が多いチームの勝利です。

 まずは半荘2回の合計ポイントで12名の順位を決定し、6名の平均順位が上の会社に旗が1本与えられます。ここではセガゲームスが僅差で勝利。

dd255fefa888725952584f976c97a18e4285f5b3

 続く2戦目では、2対2のペア戦で得点の多いペアの勝利となる戦い。なんと先鋒・次鋒ともにセガゲームスが取り、2連勝。

 62556f3e5da53bce8d863826e0d76ae38dfc0c7f 

 これにより、セガゲームスに100ポイント(10万点)とラス親のアドバンテージが与えられて、最終3戦目に入りました。オーラスあわやというところまでCAがセガを追い込みましたが辛くもセガゲームスが逃げ切りました。

870def5d94ef3fc11e10098422c5378d81f330b1

 

 

 これでサイバーエージェントの通算成績は3勝3敗となりました。(その後7/11の講談社戦で敗れ、7/18のLINE戦で勝利し4勝4敗となりました)

  8月には4社による対抗戦、10月には8社による対抗戦も企画されているそうです。この流れがゴルフのように大きく広がっていくと、きっと麻雀のイメージアップにもつながりますね。今後も麻雀企業対抗戦には注目ですよ。

a20150704-DSC_0076

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top