麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
天鳳位・独歩が初優勝/萩原リーグ

天鳳位・独歩が初優勝/萩原リーグ

BULL2021求人朝宮あろま

<The萩原リーグ 2nd Season>◇決勝◇16日

 俳優の萩原聖人がプロデュースする麻雀対局番組「The萩原リーグ~2nd season~」の決勝が行われ、独歩(天鳳位)が4回戦中3回トップを取って優勝した。

 準決勝を3連勝で勝ち上がった独歩は1回戦をトップで、連勝を4に伸ばした。続く2回戦もトップ目でオーラスを迎え、5連勝は目前だったが、親の愛内よしえ(日本プロ麻雀協会)のリーチに放銃すると裏ドラ3枚乗って3着に落ち、同1本場には小林剛(麻将連合)のリーチに放銃して今度は裏ドラが4枚乗る不運の展開で、この半荘をラスで終えた。

 3回戦に入ると、東2局の親で、小林の6面待ちリーチをホンイツでかわして12000点をアガると、同2本場で7700点を再び小林からアガり、47400点まで得点を重ねる。南3局に6400点をツモって59700点のトップを取ってトータルポイントで愛内を逆転した。

 独歩と愛内の優勝争いとなった4回戦は、東1局で愛内の親を自らのアガリで蹴ると、東2局の親で7700をツモ、続く東3局で萩原から8000をアガって愛内を突き放して勝負を決めた。

 最後まで自分のペースでリズム良く打ち続けた独歩は、「2回戦目のオーラス2局で裏ドラ7枚を放銃したときはヒヤっとしたが、3回戦目に入った時の流れは良かったので最後まで行けたかなと。」と、不運にも乱れないメンタルの強さを見せ、終わってみれば3人をマイナスにしての圧勝劇を演じてみせた。

The萩原リーグ~2nd season~ 決勝
順位選手名1回戦2回戦3回戦4回戦Total
1 独歩 39.0 ▲34.3 64.7 60.5 129.9
2 愛内よしえ ▲9.2 42.2 13.4 ▲50.3 ▲3.9
3 小林剛 ▲34.3 8.2 ▲51.9 28.8 ▲49.2
4 萩原聖人 4.5 ▲16.1 ▲26.2 ▲39.0 ▲76.8

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top