麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
多井が親の四暗刻を炸裂させて優勝、藤田氏が2位で500万を守り切る!/1000万円争奪 麻雀$ミリオネア

多井が親の四暗刻を炸裂させて優勝、藤田氏が2位で500万を守り切る!/1000万円争奪 麻雀$ミリオネア

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

<1000万円争奪 麻雀$ミリオネア>

サイバーエージェント社長藤田晋氏とのスリアロオールスターメンバーでの対局「1000万円争奪 麻雀$ミリオネア」が8/19日(日)19時にAbemaTV麻雀chにて放送され、多井が優勝。藤田晋氏は2位で500の権利を守り切った。

当企画は、株式会社スリーアローズコミュニケーションズが約200話分の番組をAbemaTVに提供したことに対し、藤田晋氏が会社でなく個人スポンサーとして資金提供を表明。そのスポンサー料がいくらになるかを対局の結果で決める方式となった。

1回戦の今回、藤田晋氏がトータル2位以上となった場合、スポンサー料が500万円以下となる。

今回の対局のメンバーは下記メンバーとなった。
多井隆晴(RMU)
金太賢(協会)
小林剛(μ)

大きな実績を残す3人がスリアロメンバーとして選ばれ、藤田晋氏と対局した。3回戦のトータルポイントでの争いとなる。

1回戦は多井がトップとなったがオーラスに藤田氏が小林からの直撃で2着となった。
2回戦は多井がなんと親の四暗刻で大きくリード。金も意地を見せ原点付近まで戻した。小林と藤田氏が1800点差のオーラスだったが、オーラスはトップ目の多井が跳満ツモ。藤田氏が親かぶりで4着となった。

3回戦開始時のポイントは、多井以外の3人の着順勝負。藤田氏は小林と金より上の着順にいればOKという状況だった。東1局に金から5200をあがった小林が、東2局の親番で藤田氏から12000の直撃。これでほぼ藤田氏の2位は厳しいかと思われたが、南場の親番でリーチ・ツモ・ドラ・赤・裏3の6000オールのあがり。これで小林を捲りこの半荘トップとなったが、次局小林に痛恨の満貫放銃。再び小林がリードしたが、オーラスのあがり勝負で藤田氏がタンヤオのあがりをモノにし、トップに浮上。トータルポイントで2位となり、500万を守った。

この日一日仕掛けの鋭さが目立った藤田氏。終了後の談話では「これまでは接戦だといつも小林さんに負けていたので、今日は勝ちたかった。今日の仕掛けは練習の成果が出ましたね。」と喜びの一言。

次回は9月22日に開催予定となっている。ここで勝利すると藤田氏の提供するスポンサー料は250万となる予定となっている。

配信

AbemaTV麻雀チャンネル

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top