麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
鈴木たろうが優勝、藤田氏が2位で250万を守り切る!/1000万円争奪 麻雀$ミリオネア

鈴木たろうが優勝、藤田氏が2位で250万を守り切る!/1000万円争奪 麻雀$ミリオネア

CABO求人全自動麻雀卓スリム

<1000万円争奪 麻雀$ミリオネア>

サイバーエージェント社長藤田晋氏とのスリアロオールスターメンバーでの対局「1000万円争奪 麻雀$ミリオネア 2日目」が9/22日(土)19時にAbemaTV麻雀chにて放送され、鈴木たろうが優勝。藤田晋氏は2位で250万の権利を守り切った。

当企画は、株式会社スリーアローズコミュニケーションズが約200話分の番組をAbemaTVに提供したことに対し、藤田晋氏が会社でなく個人スポンサーとして資金提供を表明。そのスポンサー料がいくらになるかを対局の結果で決める方式となった。

1回目の前回は多井が親の四暗刻を和了して優勝するも、藤田が2位を確保して500万の権利を守り切ることに成功した。

2日目の今回、藤田晋氏がトータル3位以下であればスポンサー料500万。トータル2位以上となった場合、スポンサー料が250万円以下となる。

今回の対局のメンバーは下記メンバーとなった。
鈴木たろう(協会)
村上淳(最高位戦)
近藤誠一(最高位戦)

Mリーガーにも選出された3人がスリアロメンバーとして選ばれ、藤田晋氏と対局した。3回戦のトータルポイントでの争いとなる。

1回戦は藤田が大きなトップ目で進行したが、南3局の親番で近藤が巻き返し、ほぼ競りでオーラスを迎えた。最終局は村上のリーチに対して藤田、近藤共に聴牌となったが近藤のあがりとなり近藤がトップとなった。
2回戦は近藤が再びトップ目で進行。藤田が追いすがる展開となったが南2局にたろうが藤田からダマテンの8000点を直撃して藤田は3着に転落。しかしオーラスの自身の親番で2000オールのあがりで一旦トップ目に浮上するも最終局はたろうが2600をあがりトップ目に浮上。しかし藤田が2戦連続で2着を確保した。
3回戦開始時のポイントは、近藤が+47.3、藤田が+25.1、たろうが+1.4とまだまだわからない状況。東2局、リーチで攻めていく近藤に対して親の藤田が果敢な仕掛けでドラ単騎の聴牌をいれ、なんと近藤からの12000の直撃に成功。大きく優位な立場となるも、南1局に親の村上が仕掛けでかわしにいった藤田から18000の直撃。これでトータルポイントはほぼ全員横並びの状態となったが、南2局の親番で藤田が再び4000オール。最後はたろうのトップを確定するあがりで終局。藤田は2着、2着、3着となったがトータルポイントで2位となり、250万を守った。

この日一日仕掛けの鋭さが目立った藤田氏。終了後の談話では「また勝っちゃいましたね(笑)18000放銃はちょっとクラっときましたが。その直後に不屈の精神を発揮しましたね。どうしてこんなところで出るんでしょう(笑)」と喜びの一言。

次回の開催日程はこれより決定される。

配信

AbemaTV麻雀チャンネル

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top