麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
囲碁・将棋界の麻雀日本一を決める戦い「第2回 囲碁・将棋チャンネル杯 麻雀王決定戦」が配信、優勝は香川愛生!

囲碁・将棋界の麻雀日本一を決める戦い「第2回 囲碁・将棋チャンネル杯 麻雀王決定戦」が配信、優勝は香川愛生!

BULL2021求人朝宮あろま

株式会社 囲碁将棋チャンネルが主催する「第2回 囲碁・将棋チャンネル杯 麻雀王決定戦」の決勝戦最終局が、
インターネット会員サービス「囲碁プレミアム」および「将棋プレミアム」で6月12日(土)に先行配信された。

囲碁将棋チャンネル杯麻雀王決定戦は2回目の開催で、囲碁棋士・将棋棋士各4名ずつで予選を競い、上位2名が決勝戦に進出。予選・決勝戦ともに半荘4回対局し、合計得点順により順位を決定する対局となっている。

囲碁棋士予選を釼持丈八段、王立誠九段が勝ち抜き、将棋棋士部門を先崎学九段、香川愛生女流三段(現女流四段)が勝ち抜き。決勝戦が行われた。

香川女流三段の圧勝かと思われた終盤、釼持八段が見事な打ち回しで追い詰めた。しかし、最終的には香川女流三段が序盤のリードで逃げ切り、第2回麻雀王決定戦を制した。それぞれの予選と決勝戦の模様は「囲碁プレミアム」と「将棋プレミアム」で好評配信中。また、決勝戦最終局の模様は、CS放送「囲碁・将棋チャンネル」で6月18日(金)25時20分から放送される。

香川愛生は麻雀最強戦の著名人最強決戦のメンバーにも選出されるなど麻雀好きとして知られている。今後更なる麻雀関連の活動にも期待される。

最終結果

1.香川 愛生 女流三段(将棋)(現女流四段)
2.釼持 丈 八段(囲碁)
3.先崎 学 九段(将棋)
4.王 立誠 九段(囲碁)

番組詳細ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top