麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟

彼女たちは、いかに「難問」に挑んだか?~山田佳帆と高橋樹里が放った閃光~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Aブロック1卓】

BULL2021求人ニルウッドカバー

諦めないのは高橋だって同じだ。最後の親番で絶好のを引き入れ――

を一発ツモで6000オール! この半荘のトップ目に立つとともに、最低限の目標まで6000オールをもう一発というところまでたどり着いた。

そうして続いた高橋の親番だが、またしても勝負手の山田がリーチをかけた直後――

ドラをつかみ、里中に8300点の放銃を許して流れていった。

高橋は、少しでも予選突破の可能性を高めるために、もう一つ大きなアガリを決めたい。山田は、最後の親番にわずかな希望をつなぐ。決着の時が迫っていた――。

南2局、箱下になってしまった涼宮がをチー。役牌とドラ2が確定しているので、234の三色や赤引きが絡めば満貫になる。涼宮も必死だ。準決勝進出が確定となるブロック順位2位以内が現実的なこのポイントで、プレーオフ進出で良しとするわけがない。

をアンカンして満貫が確定したが――

ここで山田がカン待ちのリーチ!

さらに涼宮も待ちのテンパイで追いついた。

さらに、高橋も待ちのリーチで応戦! 役はピンフのみだが、ドラが増えているこの局面は、あまりにも魅力的だ。

この勝負所は、涼宮が山にたった1枚だけ眠るをつかみ――

山田が7700点をアガるという結果に。

予選を通じてあれだけ盤石の打ち回しを見せていた涼宮が、大きく失点している。予選最後の戦いにふさわしく大きく荒れた半荘だったが――

里中がチャンス手から放ったを涼宮が捉え――

2300点のアガリで山田の親番が終了。山田の最後の希望は露と消えた。

残る高橋は、オーラスで少しでも高打点のアガリを目指す。トイトイ系か染め手かの分岐点で、高橋は打とした。染め手を見つつ、リーチ・ツモ・チートイツ・裏2のインスタント跳満の可能性も考慮する。

結果として、マンズがさらに伸びたためにを3枚河に並べることに。東2局2本場、あのをポンして倍満がアガれていたとしたら、もっと楽に手を進められていたのに。彼女は、そんな「たら・れば」を考えただろうか? もし、この手をサクッとアガりきっていたならば――

涼宮のドラ待ちのテンパイを取らず、

待ちさえも拒否して手に入れた――

ツモ・タンヤオ・チートイツ・赤2、驚愕の6200オールを目にすることもなかったのだから。

予選を全て打ち終えて、山田は予選敗退が確定レベルに。高橋もまた、後半卓に出場する柚花ゆうりがさらにポイントを伸ばして他家を沈めるケースでもない限りは、予選突破が難しそうだ。

これからプロ生活を続けていくにあたって、おそらく何度も彼女たちが経験することになるであろう「難問」。その壁に当たりながら、彼女たちは果敢に戦って「閃光」を放った。たとえ結果がふるわなかったとしても、その輝きが僕らの胸に強烈な刻印を焼き付けたのは間違いない。

A.
「正直、里中さんと涼宮さん、2人とも私たちの分までがんばってほしいくらいの気持ちもありました。でも、見てくれている人がいるなかで『こいつは何がしたいんだ?』っていう打牌だけはしたくなかった」(山田)

「後半卓のみんなはポイントを見ながら打てる状況なので、少しでもでかいトップじゃないと意味がない。だけど、親落ちしても諦める気は全くありませんでした。何があっても、最後まで手を作りにいきました」(高橋)

「難問」への回答を見せつけた2人のシンデレラ。彼女たちの再来が、今から待ち遠しい。

関連リンク

 

この記事のライター

新井等(スリアロ九号機)
麻雀スリアロチャンネルの中の人。
ナンバリングは九号機。
スリアロでのポジションをラーメンに例えると、味玉くらい。
お酒があれば、だいたい機嫌が良い人です。

新着記事

Return Top