麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
「ずっと打ち続けたい」麻雀に想いを馳せる柚花ゆうりプロの素顔とは?

「ずっと打ち続けたい」麻雀に想いを馳せる柚花ゆうりプロの素顔とは?

BULL2021求人ニルウッドカバー

柚花ゆうりは2014年日本プロ麻雀協会に入会後、翌年の第2回麻雀ブルエンプレストーナメントで優勝。さらに翌年の第3回麻雀ブルエンプレストーナメントも勝利し、連覇を達成した女流雀士だ。現在は麻雀BarCitrusの店長も務め、ファンとの交流も積極的に行っている。そんな柚花だが、初めから実力に恵まれていたわけではない。上京前には麻雀で負け続け、その悔しさをバネに努力を続けてきた。努力を惜しまない我慢強い性格は、柚花の雀風にも反映されている。今回はそんな柚花の素顔や麻雀との出会い、雀風に迫っていこう。

目次

柚花ゆうりの基本情報・プロフィールデータ

名前 柚花 ゆうり(ゆずか ゆうり) 
生年月日 1990年6月24日
職業 プロ雀士、麻雀Bar店長
出身地 新潟県長岡市
血液型 A型
趣味・特技 料理、キャッチボール、スノーボード
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体 日本プロ麻雀協会
プロ入会年 2014年
主なタイトル 第2・3回 麻雀ブルエンプレストーナメント優勝

プロ雀士として活動する傍らで、麻雀BarCitrusの経営も行っている柚花。そんな忙しい日々の合間を縫い、TwitterやInstagramなどのSNSで情報発信も行っている。スノーボードやキャッチボールとった、運動神経の良さを覗わせるアウトドア趣味も多く持つ。

経歴

2014年:プロテスト合格

2015年:第2回麻雀ブルエンプレストーナメント優勝

2016年:第3回麻雀ブルエンプレストーナメント優勝

麻雀との出会い・きっかけ

幼い頃から麻雀に触れる機会があったという柚花の原点は、家族麻雀である。柚花も仲間に入れてほしいと思い、叔父に教わりながら、中学生のときに見よう見まねで対局に参加した。高校卒業を機に地元である新潟県長岡市のキャバクラで働き始め、客と麻雀卓を囲む日々を続けていたそう。当時は実力もなく負け続け、22歳のときに麻雀武者修行のつもりで上京を決意。上京当初は仕事もせずに、雀荘巡りに勤しんでいた。

ある日訪れた雀荘の社長の目にとまり、2014年6月に日本プロ麻雀協会の試験を受け、見事に合格。入会後は麻雀ブル エンプレストーナメントで連覇を飾るなど、華々しい成績を残している。現在は麻雀BarCitrusの店長という顔も持ち、ファンと密接に交流しながらも腕を磨いている。

柚花ゆうりの打ち方や雀風

画像左が柚花

面前でリーチを掛けてプレッシャーを与える、王道とも言えるスタイルを好む。さまざまな状況に対応できる柔軟性もあるが、腰の据わったスタイルが印象的だ。リズムに乗れない苦しい場面でも表情に出さず、グッと耐えられる我慢強さを持ち合わせている。ひとたびリズムに乗れば打点を高めてリーチをするが、そこでも安直にあがりを求める事はない。出来るだけ良い形でのあがりを求め、場を沸かせる一手を見せてくれる。麻雀を始めた当初に負け続けた経験や、その悔しさをバネに努力をする姿勢は、柚花の雀風にも反映されているのだろう。

柚花ゆうりの対局時の様子

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 準決勝 2019/4/2

準決勝A卓になった柚花。対戦相手は川又静香・塚田美紀・与那城葵で、2回戦を行って上位2名が決勝進出を果たすことになる。1戦目は塚田が49,600点持ちのトップで迎えたオーラスにて、親の柚花が12,000・7,700・12,000と3連続であがり、決勝進出をほぼ確定させた。

これが柚花の真骨頂とも言える我慢の麻雀で、その上で高いあがりを逃さなかった。2回戦もラスで迎えたオーラスに七対子をツモあがり。断トツの+55.9点で決勝進出を決めた。

柚花ゆうり、与那城葵、涼宮麻由、山本ひかるがプレーオフを制して決勝進出 決勝は4月9日放送 / 麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 準決勝

私設リーグ・Sリーグ 決勝 2019/3/28

朱雀リーグは、最高位戦・協会・RMUに所属している選手が参加し、雀力を向上させる目的で開催されている私設リーグである。現トップ選手や有望な新鋭選手など、多数の実力者が参加する実践形式の研究会ともいえる。そのような強豪ぞろいの中で、柚花は目を見張る大活躍を見せる。5回戦行われる内の1回戦で四暗刻をあがりトップに、2回戦と3回戦は2位、4回戦目で国士無双をあがり、1日で役満2回を和了。2位以下を大きく突き放して、見事優勝を果たした。

協会の柚花ゆうりが2度の役満を決め圧巻の優勝!/私設リーグ・Sリーグ 決勝

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 第2節予選Aブロック2卓 2018/1/8

この対局こそ、柚花の卓越した能力を表している一戦である。4回戦行う大会の3回戦までを終え、トップ1回と2着2回でまずまずの成績の柚花だったが、総合でトップの涼宮には約45pt差を付けられ、2位で4回戦目を迎えた。

その対局もオーラスを迎え、3着目。そこに柚花にチャンスが訪れる、僅か6巡目で聴牌をした。形はドラ表示牌のカン[④]であったが、ツモって満貫であれば逆転トップに躍り出る場面であった。しかし柚花の選択はリーチではなく、手を伸ばすことだった。結果次のツモでドラの[赤⑤]を重ねてリーチ。鳴きで一発は消されたものの、[東]をツモって最高の形で対局を終えることができ、総合でも見事にトップに立った。

柚花ゆうりに学ぶ「最悪」との付き合い方【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 2018 第2節予選Aブロック2卓】

SNSでの評価・評判

SNS上ではプロ雀士としての評判もさることながら、柚花が店長を務める「麻雀BarCitrus」が好評だ。
プロ雀士と直接話せるということもあり、簡単なレクチャーを受けることもできる。

https://twitter.com/opeita/status/1211669737316306945?s=20

多くのプロ雀士がゲストとしてカウンターに立つこともある。

https://twitter.com/eri_sbt/status/1298099429421981696?s=20

客としてプロ雀士が訪れることも多く、交流の場にもなっているようだ。

https://twitter.com/aragakiarisa222/status/1230820182479626240?s=20

その他にも麻雀BarCitrusに関するツイートが数多く見られる。Citrusはあくまでもバーであり、麻雀卓などは置いていない。自分で打ったことがないという人でも、気軽に入れるお店だ。

柚花ゆうりのニュース・こぼれ話

麻雀仲間が集まるお店「BarCitrus」が休業(8月下旬に再開予定

「麻雀好きが集まるお店」をコンセプトにしたBarの店長を務めている。6年ほど麻雀店で働いていた柚花だったが、新しい事を始めたいと2018年12月にオープンした。2年かけてやっと軌道に乗ってきた矢先、新型コロナウイルスの影響によって厳しい状況に立たされている。2021年7月現在は休業しているが、8月22日には営業再開予定だ。応援したいという方は、感染対策を徹底したうえで足を運んでみるのはどうだろうか。

麻雀プロ競輪部にも登場!

YouTubeチャンネルでお馴染みの「麻雀プロ競輪部」に、ゲスト出演した。競輪はやったことがないという柚花が、同じ日本麻雀プロ協会の愛内よしえに教わりながら車券を購入。生放送で予想を披露するなどをし、5月から7月までに2回の出演を果たした。競輪部としての今後の活躍にも、期待が寄せられている。競輪に詳しくないという人でも、柚花と同じように教わりながら観られるのでオススメだ。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top