麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
復活を遂げたたろうが3連勝!4連勝を阻んだのは寿人の猛攻!!【Mリーグ 11/19結果】

復活を遂げたたろうが3連勝!4連勝を阻んだのは寿人の猛攻!!【Mリーグ 11/19結果】

CABO求人ニルウッドカバー

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月19日に、 EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 UNEXTパイレーツ 対 KONAMI麻雀格闘俱楽部 の対戦が行われた。

 第1試合は、風林火山から亜樹、ドリブンズからたろう、パイレーツから朝倉、麻雀格闘俱楽部から寿人が出場。

亜樹が2回のアガリで先制したが、前回連闘で連勝を果たしたたろうの麻雀が冴えわたる。

東3局で3900のポン聴を拒否してリーチ・ツモ・三色・赤2の3000・6000、東4局ではリーチ・一発・ツモ・七対子・赤で2局連続の3000・6000のアガリで一気に大きなトップ目に立った。

東3局 たろうの跳満のアガリ ©AbemaTV

トップのままオーラスを迎え、オーラスも平和聴牌から親の寿人のリーチにプッシュしてアガリきり、3連勝目を決めた。

3連勝で4勝目を決めたたろうは「これでようやく4連続ラスのマイナスを返せてホッとしています。東3局の手は、ポンテンはもったいないかなと思ってスルーしました。結果とてもうまくいきましたね。選択がハマって勝てた時はすごく嬉しいですね。内容よく勝てたら連闘だといわれているので、第2試合も頑張ります!」と語った。

インタビューを受けるたろう、 ©AbemaTV

1位 たろう(ドリブンズ) +64.9
2位 朝倉(Pirates) +0.7
3位 亜樹(風林火山) ▲20.3
4位 寿人(麻雀格闘俱楽部) ▲45.3

 第2試合は、風林火山から滝沢、ドリブンズからたろう、Piratesから石橋、麻雀格闘俱楽部から寿人が出場。たろうの4連勝となるか注目されていた。

東2局2本場には滝沢が先制の立直。それに対してたろうが終盤まで押し返し、嵌のドラ待ちで追い掛けリーチ。これを一発でツモり裏も乗せて6000オール。今回もたろうの半荘になるかと思われた。

東2局2本場 たろうの6000オールのアガリ ©AbemaTV

しかし、東2局3本場、寿人が4000・8000のアガリで応戦。

東2局3本場 寿人の倍満のアガリ ©AbemaTV

その後もお互いのアガリの応酬で、南3局はたろうが満貫をツモりトップに浮上、そしてオーラスの勝負となったが、寿人の満貫ツモとなり、再び逆転。熾烈なトップ争いを勝ち取った。たろうが惜しくも4連勝ならず。しかし2位でしっかりポイントを増やし、個人記録もプラスに転じた。

これで5勝目となった寿人は「1戦目ラスだったので取り戻せてよかったです。内容も悪くなかったので引きずることなく望めました。嵌の6000オールを引かれた瞬間は 今日のたろうさんは強いなーと思いましたがそのあと運よく倍満があがれたのがすべてでしたね。なんとかプラスにまとめることができてホッとしています。」と語った。

インタビューを受ける寿人 ©AbemaTV

1位 寿人(麻雀格闘俱楽部)+63.0
2位 たろう(ドリブンズ)+18.1
3位 滝沢(風林火山)▲22.0
4位 石橋(Pirates) ▲59.1

次回11月21日(火)はEX風林火山、渋谷ABEMAS、UNEXTパイレーツ、チーム雷電が対戦。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 214.9 32/80
2 ドリブンズ 141.7 34/80
3 ABEMAS 114.1 32/80
4 Pirates ▲6.9 36/80
5 フェニックス ▲41.2 32/80
6 雷電 ▲197.1 30/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲225.5 36/80

ドリブンズが2位に浮上した

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 194.2 9
2 園田(ドリブンズ) 147.3 10
3 亜樹(風林火山) 128.5 13
4 瀬戸熊(雷電) 86.2 11
5 滝沢(風林火山) 81.1 10
6 茅森(フェニックス) 79.1 11
7 小林(Pirates) 73.4 13
8 松本(ABEMAS) 55.4 10
9 朝倉(Pirates) 42.5 9
10 近藤(フェニックス) 30.6 10
11 勝又(風林火山) 5.3 9
12 たろう(ドリブンズ) 4.0 13
13 村上(ドリブンズ) ▲9.6 11
14 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲29.5 15
15 黒沢(雷電) ▲31.7 7
16 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲63.7 10
17 石橋(Pirates) ▲122.8 12
18 白鳥(ABEMAS) ▲135.5 13
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲146.8 9
20 魚谷(フェニックス) ▲150.9 11
21 萩原(雷電) ▲251.6 12

たろうが12位に浮上。プラスに転じた。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top