麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/1 Mリーグ2021 第2試合結果】ここまで苦しんできた二人の明暗!小林剛は今季初勝利!村上淳は苦しい4連続4着に

【11/1 Mリーグ2021 第2試合結果】ここまで苦しんできた二人の明暗!小林剛は今季初勝利!村上淳は苦しい4連続4着に

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」17日目が11月1日(月)に開催された。

11月1日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、日吉辰哉、渋川難波 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は丸山が個人連勝!
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は伊達朱里紗小林剛村上淳堀慎吾の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、親番の伊達の配牌はまたもや四暗刻を思い起こさせる。

東1局 伊達の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達の手牌 ©ABEMA

ダブ東の[東]が鳴けるとあっという間にダブ東・トイトイの12000のテンパイ。

[東]を加槓すると、伊達がポンしている新ドラの[8]がもろノリ。これに他3者引き気味だが、小林が粘りテンパイを取り切り伊達と小林の二人テンパイで流局。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 流局 ©ABEMA

東1局1本場、またも伊達がダブ東の[東]をポン、[6][9]ノベタンでテンパイも、堀がリーチして1000・2000のアガリで局が進む。

東1局 堀・リーチ・ツモ・赤 1000・2000 ©ABEMA

東2局は小林の一人テンパイで流局ののち、東2局1本場に堀がカン[3]待ちのダブルリーチ。

東2局1本場 堀のダブルリーチ ©ABEMA

これに捕まったのは伊達。自分の手牌に[4]が暗刻、堀の河に捨てられた[6]のスジで、自身の手が進んだため放銃。

東2局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 堀 ダブルリーチ 2600 ©ABEMA

東3局は小林が小四喜もあるかと思われた仕掛け。村上が七対子ドラドラに仕上げリーチも待ちの[①]は堀に暗刻。小林が村上から3900のアガリを決めた。

東3局 小林の手牌 ©ABEMA
東3局 小林の仕掛け ©ABEMA
東3局 村上のリーチ ©ABEMA

東4局は堀がホンイツ仕掛けも、テンパイ一番乗りは伊達。ペン[三]で一気通貫のテンパイ。山には残り2枚、しかも小林から出るかと思われが小林が暗刻にして[一][三][四]待ちのリーチ。小林の宣言牌[⑥]を鳴くか逡巡した村上。鳴かずに[六]を引き入れ、[3][6]のリーチ。

東4局 伊達の手牌 ©ABEMA
東4局 小林 リーチ ©ABEMA
東4局 村上のリーチ ©ABEMA
東4局 堀の手牌 ©ABEMA

高打点にたどり着いた村上だったが、小林が一発ツモ。ややリードしたトップ目で南入となった。

東4局 小林 リーチ・一発・ツモ・ピンフ 1300・2600 ©ABEMA

南1局は小林がチャンタが見える手牌だったが[⑥]を引いてテンパイ。しかしそのままリーチ行くと勝負手の村上からアガりきって局を進めた。

南1局 小林 リーチ 1300 ©ABEMA

南2局は堀が仕掛けて伊達から1000のアガリで局を進めた。

南2局 堀 中 1000 ©ABEMA

南3局、ここまでアガリが遠かった伊達がラス牌の[四]を引いて一気通貫が完成し、平和のリーチ。

南3局 伊達 リーチ ©ABEMA

村上もドラ赤赤の手牌となるも、1発目に使い切れない[9]をキャッチ。その後手が進んで聴牌するも、リーチ宣言牌[9]は伊達の当たり牌。伊達の8000のアガリでオーラスへ。

南3局 伊達 リーチ ©ABEMA

オーラス、伊達が2着キープのタンヤオ、カン[四]2000点のテンパイ。堀も七対子からトイトイへ移行し、[①][四]のシャンポン待ちテンパイ。当たり牌[①]を持ってきたのは伊達。小考するも、放銃。堀が小林に迫る。それと同時に村上にわずかながら3着浮上のチャンスが訪れた。

南4局 堀 トイトイ・赤 7700 ©ABEMA

南4局1本場は堀が[③]単騎の七対子で先制リーチ。村上が[⑥][⑨]待ちで追いついてリーチに出るも、村上のアガリ牌はすでに山になく、流局。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、堀がタンヤオへ向かい、テンパイ。小林もテンパイして押し切り、堀、小林の二人テンパイでまたもや流局。小林の聴牌料を巡る押し引きに痺れる場面となった。

南4局3本場、堀はピンフ、一盃口、ドラドラが見えるかなりの好配牌。

南4局3本場 堀の配牌 ©ABEMA

しかし小林も[白]を暗刻にしてスピードは十分。伊達が切った[①]をチーして[⑥][⑨]のテンパイ。

すると堀も[二][五]の12000のテンパイをヤミテンに構える。伊達もテンパイしてリーチ。

南4局3本場 堀の手牌 ©ABEMA

無情にも村上が一発目に持ってきたのは伊達の当たり牌[一]。村上は満貫ツモで着順アップがある状況。[一]を切るか、[白]を切るかの選択だが、手にとどめていた[白]は小林に危険と読み、小林に放銃すればこの半荘が終了してしまうため、[一]を選択。

南4局3本場 村上の手牌 ©ABEMA
南4局3本場 伊達 リーチ・一発・ドラ・赤2・裏2 12000 ©ABEMA

伊達に一発で放銃となる。すると雀頭の[3]が裏ドラ。村上は12000の放銃で4戦連続の箱ラスとなった。

小林はPiratesに2勝目となるトップをもたらした。

第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+60.8
2位 堀(サクラナイツ)+17.8
3位 伊達(麻雀格闘倶楽部)▲9.6
4位 村上(ドリブンズ)▲69.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月1日トータル結果

Pirates(瑞原2着・小林1着)+72.1
ドリブンズ(丸山1着・村上4着)▲13.4
サクラナイツ(内川4着・堀2着)▲28.6
麻雀格闘倶楽部(寿人3着・伊達3着)▲30.1

Piratesが大きく加点し、まだ18戦2トップだがトータル2位に浮上した。ドリブンズは丸山のトップが浮上のきっかけかと思われたが、村上のめぐり合わせの悪い展開は変わらずに本日も微マイナスの結果に。1日トータルでプラスできる日を早く迎え入れたい所だ。

11月1日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月2日の対局チーム ©ABEMA
11月1日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top