麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/16  Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が要所で効果的なアガリを決め個人連勝!二階堂瑠美は放銃に屈せず攻め続け2着に滑り込む!

【11/16 Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が要所で効果的なアガリを決め個人連勝!二階堂瑠美は放銃に屈せず攻め続け2着に滑り込む!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」26日目が11月16日(火)に開催された。

11月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:佐々木寿人 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は近藤が嬉しい今シーズン初トップ! ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:朝倉康心

南:沢崎誠

西:二階堂瑠美

北:茅森早香

第2試合

東1局、親の朝倉が狙い通りの三色を作り上げ先制リーチ。

東1局 朝倉 リーチ ©ABEMA

このリーチに赤を3枚持った茅森が放銃。

東1局 茅森の手牌 ©ABEMA
東1局 朝倉 リーチ・三色 7700 ©ABEMA

前回悔しい4着となった朝倉が好スタートを切った。

東1局1本場、瑠美が絶好のカン[二]を引き入れ三面張リーチ。

ドラドラのテンパイを入れた茅森が2局連続の放銃となった。

東1局1本場 瑠美 リーチ・ピンフ・赤 3900 ©ABEMA

流局を挟み東2局1本場、朝倉の先制リーチに瑠美が一発で飛び込み朝倉がリードを広げる。

東2局1本場 朝倉 リーチ・一発・中・裏 8000 ©ABEMA

東3局は朝倉がチートイツ・ドラ2の先制リーチ。

東3局 朝倉 リーチ ©ABEMA

このリーチに対して親の瑠美も真っ向勝負で追いかけリーチにたどり着く。

東3局 瑠美 リーチ ©ABEMA

さらに沢崎も[8]ポンしてチンイツのテンパイ、その後[赤5]も引き入れ臨戦態勢。

東3局 沢崎の手牌 ©ABEMA

この局を制したのは瑠美。

朝倉から12000のアガリでトップ目に浮上する。

東4局 瑠美 リーチ・ピンフ・赤・裏 12000 ©ABEMA

東3局1本場では沢崎が仕掛けてホンイツのテンパイ。

東3局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

朝倉もドラドラのテンパイから両面変化。

東3局1本場 朝倉の手牌 ©ABEMA

さらに茅森がリーチで切り込む。

東3局1本場 茅森 リーチ ©ABEMA

結果は茅森が[1]を掴み朝倉のアガリに。

東3局1本場 朝倉 發・ドラ2 3900 ©ABEMA

東4局、ここまで苦しい展開の茅森が4巡目リーチ。

このリーチに終盤で追いついた瑠美のリーチ宣言牌が茅森への12000の放銃となる。

東4局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東4局 茅森 リーチ・ピンフ・ドラ2・赤 12000 ©ABEMA

東4局1本場では沢崎が熟練の打ち回しを見せ瑠美から8000のアガリ。

東4局1本場 沢崎 タンヤオ・ピンフ・ドラ・赤 8000 ©ABEMA

南1局、親の朝倉が終盤で先制リーチ。

南1局 朝倉 リーチ ©ABEMA

沢崎も赤を2枚使ったタンヤオのテンパイ。

南1局 沢崎の手牌 ©ABEMA

さらに茅森もリーチで再びの3軒テンパイ。

南1局 茅森 リーチ ©ABEMA

この局は茅森が制して2000・4000。苦しい放銃から復活してトップ争いに名乗りを上げる。

南1局 茅森 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 8000 ©ABEMA

流局が続いた南2局2本場では朝倉が七対子の先制リーチ。

南2局2本場 朝倉 リーチ ©ABEMA

朝倉のリーチの一発目に沢崎がテンパイ。

スジの[7]切りリーチで放銃かと思われたが、沢崎は[3]切りリーチを選択し見事放銃を回避。

南2局2本場 沢崎 リーチ ©ABEMA

さらに瑠美が沢崎のあたり牌である最後の[6]を引き入れドラが暗刻の追いかけリーチ。

南2局2本場 瑠美 リーチ ©ABEMA

この3軒リーチを制したのは瑠美。

ハイテイでツモり3000・6000のアガリで四者の持ち点がぐっと近づく。

南2局2本場 瑠美 リーチ・ハイテイ・ツモ・ドラ3・裏 3000・6000 ©ABEMA

南3局1本場では朝倉がドラ2・赤2のテンパイ。

自身のアガリ率を上げるため[赤5]切りを選択。

南3局1本場 朝倉の手牌 ©ABEMA

しかしこれはテンパイを入れていた沢崎のあたり牌。

沢崎が3万点を超えてオーラスに突入。

南3局1本場 沢崎 タンヤオ・ピンフ・赤 3900 ©ABEMA

オーラス、まずは瑠美がツモればトップ逆転の先制リーチ。

南4局 瑠美 リーチ ©ABEMA

さらに朝倉が着順浮上をかけたリーチ。

南4局 朝倉 リーチ ©ABEMA

瑠美のあたり牌は山に残っていたが流局、親の茅森がノーテンでこの試合は決着。

南4局 流局 ©ABEMA

沢崎がトップで個人連勝、今季7戦で4勝目となる勝利を決めた。

第2試合トップの沢崎 ©ABEMA

第2試合結果
1位 沢崎(サクラナイツ)+54.3
2位 瑠美(風林火山)+5.2
3位 茅森(フェニックス)▲17.3
4位 朝倉(Pirates)▲42.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月16日トータル結果

フェニックス(近藤1着・茅森3着)+59.9
風林火山(亜樹2着・瑠美2着)+31.2
サクラナイツ(岡田4着・沢崎1着)▲15.8
Pirates(石橋3着・朝倉4着)▲75.3

フェニックスが近藤の今シーズン初トップでマイナスを100台に戻した。

チーム1位の風林火山は連続2着と着実にポイントを伸ばした。

11月16日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月18日の対局チーム ©ABEMA
11月16日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top