麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
二階堂瑠美プロ Mリーグの舞台へ 芸術的な手役で魅せる

二階堂瑠美プロ Mリーグの舞台へ 芸術的な手役で魅せる"姉"の麻雀

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀業界において女流プロが歓迎されていなかった時代から、ひたむきに走り続けてきた「二階堂姉妹」。そんな二階堂姉妹の姉・二階堂瑠美が、2021シーズンにEX風林火山からドラフト指名され、揃ってMリーグの舞台に立つことになった。手役をとことん追い求めるアーティスティックな雀風で知られ、視聴者を驚かせる鮮やかな打ち筋に期待が寄せられている。本記事ではそんな瑠美の魅力や雀風についてご紹介しよう。

目次

二階堂瑠美の基本情報・プロフィールデータ

名前 二階堂瑠美(にかいどうるみ)
異名 天衣無縫
生年月日 1980年9月27日
出身地 神奈川県鎌倉市
血液型 A型
趣味・特技 読書・カラオケ・料理
本人公式SNS

Twitter
Instagram
YouTube

所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム EX風林火山
プロ入会年 1999年
主なタイトル 第17期最強位(プロ部門)
第1期夕刊フジ杯麻雀女王
第11期プロクイーン

瑠美には「子供たちがなりたい職業ベスト10にプロ雀士が入ること」という大きな夢がある。これは2016年に発行された姉妹の共著に書かれていたことだ。現在はMリーグという舞台が用意され、選手には年俸が支払われるようになり、プロ雀士は夢のある仕事になりつつある。Mリーガーの仲間入りを果たした瑠美が、今度はプレー面でも夢を与えてくれるだろう。

経歴

1999年:日本プロ麻雀連盟16期生としてデビュー
2006年:第17期最強位(プロ部門)
2007年:第1期夕刊フジ杯麻雀女王
2013年:第11期プロクイーン
2021年:MリーグドラフトでEX風林火山から指名

麻雀との出会い・きっかけ

実家が雀荘を営んでいたこともあり、麻雀は身近な存在ではあったが、瑠美が麻雀を始めるきっかけとなったのは大好きな妹・亜樹の存在だ。亜樹が日本プロ麻雀連盟のテストを受験するため、勉強を始めたことがきっかけで、瑠美も本格的に麻雀を覚えていったという。そして遅れること1年、1999年に瑠美も日本プロ麻雀連盟への入会を果たし、女流プロ雀士の「二階堂姉妹」が誕生。当時、女流プロは数えるほどしかおらず、男性プロからは相手にもされないような状況だった。そんな中でも実力を磨き続け、ひたむきに走っている姉妹の姿を見て、プロを志したという女性は多い。女流プロの躍進に大きく貢献したことは言うまでもない。

二階堂瑠美プロの打ち方や雀風

©️ロン2公式サイト

手役作りの方にこだわることが多い瑠美プロ。三色同順に限らずチャンタや七対子など、ほとんどの手役が好きだと語る。三色は3種類の牌をバランスよく使えるので作りやすいというのが魅力のようだ。一発・裏ドラに赤も入ったMリーグで、瑠美がどのような手役作りを見せてくれるのか注目が集まっている。鮮やかな手順から大物手を仕上げ、多くの視聴者をアッと驚かせてくれるに違いない。

二階堂瑠美の対局時の様子

モンド麻雀プロリーグ15/16 第13回女流モンド杯 予選第8戦

手役派・瑠美の代名詞ともなっている三色同順にこだわった対局。南2局、567の三色のうち7枚がそろった絶好の配牌を得るが、一色だけがズレてしまう「三色あるある」の状態に。しかし、567と678の両にらみで回し続け、親のリーチに対しても無筋を押していき、高目三色のテンパイとして追っかけリーチ。結局3軒リーチとなったが、瑠美が親から一発で高目三色を討ち取った。軽くアガって親番を持ってくる選択もあったが、ここでは瑠美の三色に対する思いが実を結んだのである。

第13回女流モンド杯 7月14日より開幕!

モンド麻雀プロリーグ11/12 第9回女流モンド杯 予選第1戦

©︎MONDOTV公式サイト

オープニングカードの東1局から、天衣無縫の呼び名通りの打ちっぷりが炸裂した。ホンイツトイトイが見える配牌がきた瑠美だったが、萬子の789が完成したことで、いったんは索子の対子を落としていく。ホンイツ・チャンタ狙いだったはずが牌が重なっていき、まさかの四暗刻テンパイ。他家が仕掛けたため、瑠美はリーチで圧力をかけて、その後ツモあがった。配牌に暗刻がなく、道中の対子落とし、それでいて四暗刻、しかもメンホン。瑠美らしさが詰まった見事な手順を見せて開幕を飾った。

モンド21麻雀プロリーグ09/10 第7回女流モンド21杯 予選第12戦

©︎MONDOTV公式サイト

瑠美の雀風とは異なるものの、強烈すぎるインパクトを残したのがこの一局だ。南3局1本場、親の瑠美はドラの3筒が対子ながら、ツモ切りが続く展開。終盤に入り、瑠美がドラをポンしたが、ようやく1シャンテン。他家を引かせる意味合いも強いドラポンだったが、役なしのテンパイにはこぎ着けた。次巡に4枚目のドラをツモった瑠美は加槓、新ドラも[③]でドラ8になり、極めつけは嶺上開花。形式テンパイから8000オールのミラクルとなった。

二階堂瑠美のSNSでの評価・評判

瑠美がMリーグに加入することについては歓迎する声が大半だが、最高峰の舞台で手役を追求する打ち方を貫けるのかということにも関心が集まっているようだ。

指名直後から、SNS上には新Mリーガー・瑠美に対する祝福コメントがあふれていた。Mリーグであの表情を見せるのか、早くも注目されている。

激動のストーブリーグから、大きな注目を集めたドラフトも終わり、このような冷静な考察も。

「タキヒサ」コンビ結成は大方の予想通りとなったが、二階堂姉妹の方は大きなサプライズとなった。

二階堂瑠美のニュース・こぼれ話

生配信中に指名!

二階堂姉妹のYouTube「るみあきchanねる」では、Mリーグドラフトを見守る生配信を行った。新型コロナウイルス感染のため、ドラフト当日は自宅で療養していた瑠美だが、笑顔も見せながらリモート出演。瑠美の名前が挙がるとスタジオからは歓喜の声が。誰を指名するかについて「知ってます」と発言していた亜樹だが、配信の運営側にも秘密にしていたという。それだけに瑠美が指名されると、スタジオ内・動画のコメントは大盛り上がり。同時接続者数は4,000人を超える配信となった。

「たかちゃんねる」に突撃

「るみあきchanねる」ではMリーガーについて語ったり、ミニゲームで姉妹が対決したり、さまざまな動画を配信している。多井隆晴プロの「たかちゃんねる」の生配信中に突撃訪問する企画では、「るみあき」の登録者増加に一役買ってくれた多井プロに対する「お礼」として、姉妹が激辛カレーを振る舞った。多井プロの絶妙なリアクションも含め、抱腹絶倒のドタバタ劇をぜひご覧いただきたい。

今が旬!Mリーグの最新情報を更新中!

麻雀ウォッチは日本最大級の麻雀情報サイトです。麻雀ウォッチでは麻雀関連のニュースやトレンドの紹介はもちろん、数々のプロ雀士へのインタビュー記事やプロフィールを公開しています!Mリーガーのプロフィールも揃っているので、この機会に読んでみてください。

Mリーグ関連の新着記事はこちらをチェック!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top