麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
Mリーグ初代平均打点王・茅森早香 天才と呼ばれる由縁

Mリーグ初代平均打点王・茅森早香 天才と呼ばれる由縁

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグの初代平均打点王・茅森早香。最強と呼ばれるベテランとの対局でも一切物おじせず、冷静に対局を進め、Mリーグではチームに数々の勝利に貢献してきた。一方、プライベートでは一児の母親でもあり、家庭では柔和な笑顔を見せる。戦いの中のクールな表情とのギャップに惹かれるファンも多い。本記事ではそんな茅森の強さと魅力について迫っていこう。

目次

茅森早香プロの基本情報・プロフィールデータ

名前 茅森早香(かやもり さやか) 
異名 天才すぎる女雀士
生年月日 1982年5月4日
出身地 北海道
血液型 B型
趣味・特技 ゴルフ、お酒
本人公式SNS Twitter
YouTube
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
所属チーム セガサミーフェニックス
プロ入会年 2001年
主なタイトル 第2・13回女流モンド杯優勝
第11期女流最高位
女流プロ麻雀士日本シリーズ2019
Mリーグ平均打点王(2018)

大の愛猫家である茅森。ブログやTwitterに自身が飼っている猫の写真をアップするのはもちろん、トップページは猫のイラストで彩られている。茅森の猫好きは周囲にも知れ渡っており、「にゃあプロ」と呼ばれることも。

経歴

2001年:最高位戦日本プロ麻雀協会第26期生としてプロデビュー
2004年:第2回女流モンド21杯優勝
2011年:第11期女流最高位
2016年:第13回女流モンド杯
2018年:セガサミーフェニックスからドラフト3位指名

麻雀との出会い・きっかけ

北海道生まれの茅森。高校時代は小学生の頃から始めたバスケットボール部でキャプテンを務めるなど、スポーツに打ち込んだ青春の日々を送った。高校卒業後は、美容師になるため都内の美容専門学校へと進学。アルバイトを探していたところ、彼女の目に止まったのは「ウェイトレス」という文字。そこは麻雀店であった。ルールを教わり、麻雀の魅力に取り憑かれた茅森はいつしか毎日麻雀店に出勤する日々を送る。打つたびに強さを増していく茅森に対し、プロでもあった店長からプロ入りを強く勧められた。そして2001年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会しプロ入り。19歳の頃であった。プロ入りから僅か2年後、「女流モンド杯」で優勝を飾る。

究極の自然体、茅森早香を育んできた言葉  Mリーガー列伝(26)

茅森早香の打ち方や雀風

©ABEMA

茅森の雀風は門前でのアガリを重視するバランス型。デビュー当時から定評のあった守備力をベースに、訪れたチャンスは逃さず高打点の手を素早く仕上げる。Mリーグの初代平均打点王に輝いたのも頷ける技術だ。「麻雀は常に冷静に打つ」がモットーで、打牌選択が早いのも特徴だ。守りを固めつつ、スピーディーに高打点でアガる──。その姿からは「天才」との呼び声も高い。

茅森早香の対局時の様子

麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 一発逆転 2019/3.17

茅森らしい冷静な判断で優勝を決めた試合。東4局、2着目の茅森が3000・6000のアガリで黒沢咲(連盟・雷電)を逆転して南場に入った。約14000点差のトップで迎えた親番の南2局では、テンパイしていながらも牌を伏せ、流局を選択。細かな加点よりも場を進めることを優先した好判断。オーラスでは、満貫をアガった親の黒沢に肉薄されたが、なんとか逃げ切った。

対局後には「そこまで焦ることもなく冷静に打てた」と語った通り、茅森の落ち着きが勝利をきっちりと引き寄せた。

茅森早香が女流プレミアトーナメント決勝に進出/麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 一発逆転

Mリーグ2020 11月19日 第1試合

©ABEMA

シーズンも序盤から中盤に入ろうかという頃、浮上のきっかけを掴みたいフェニックス。東3局、親の茅森は平和でリーチ。裏裏を乗せて12000のアガリとなる。

そんな中、東4局で茅森が動いた。白鳥翔(連盟・ABEMAS)がダブ東を仕掛け、手には赤赤。茅森も負けじと2副露していた。瀬戸熊直樹(連盟・雷電)からリーチが入るが、行くしかないと判断したのか、茅森はさらに[中]を鳴く。結局、積極策が実り3900点をもぎ取った茅森がリードを広げた。苦境のチームにあって「何とかしたい」気持ちが前面に出た試合だった。

【11/19 Mリーグ2020 結果】1戦目はフェニックス・茅森が要所を制してトップ!2戦目はABEMAS・松本が3度のリーチをアガって順風満帆のトップ!

Mリーグ2019 10月8日 第6戦

©ABEMA

東1局、タンヤオ三色を鮮やかにツモって好発進を決めた茅森。東3局でもきっちりツモり上げて2600オール。3本場まで進み、ここではドラ2のチートイツで9600点。多彩な攻めを披露して着々と加点していき、「トップが抜け出し、残り3人が横並び」という形を作り出すことに成功した。

2着争いが焦点となったオーラスでは、急所のビタ止めなどハイレベルな読み合いが繰り広げられたが、高みの見物となった茅森がトップで終了。茅森の総合力が発揮された試合となった。

【10/8 Mリーグ 結果】ABEMAS・多井がチーム初勝利!フェニックス・茅森もトップでチーム首位をキープ!

SNSでの評価・評判

対局中の真剣な表情と対局後のかわいい笑顔。ツンデレキャラも魅力の茅森だが、SNSでの評判はどうなっているのだろうか。以下ではTwitterに寄せられた声を紹介しよう。

ファンはもちろん、若手プロからも愛される茅森。ポーカーフェイスに憧れるようだ。

茅森と歌手の倉木麻衣さんが似ているとの意見も。美貌と明晰な頭脳を兼ね備えているところが共通項なのかもしれない。

茅森のYouTubeチャンネルで配信される企画動画を楽しみにしているファンも多い。

茅森早香のニュース・こぼれ話

茅森のYouTubeチャンネル「さやチャンネルω」

茅森は自身のYouTubeチャンネル「さやチャンネルω」を持っている。セガサミーフェニックスのチームメイトである近藤誠一魚谷侑未をゲストに招いてのトークなど、様々な動画が公開されている。特にファンから好評なのは「クイズ〇〇」。プロ雀士の答えを予想するというクイズだが、茅森の意外な交友関係が知ることができる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top