麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/6 Mリーグ2021 第2試合結果】東1倍満、東2満貫と序盤の猛攻を決めた魚谷侑未が完勝!同じく連闘となった村上淳は3着に

【12/6 Mリーグ2021 第2試合結果】東1倍満、東2満貫と序盤の猛攻を決めた魚谷侑未が完勝!同じく連闘となった村上淳は3着に

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」37日目が12月6日(金)に開催された。

12月6日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合  村上が今シーズン2勝目!©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:松ヶ瀬隆弥

西:魚谷侑未

北:村上淳

魚谷と村上は連闘となった。

第2試合

東1局、魚谷がドラの[③]を暗刻にして先制リーチ。ツモってめくった裏ドラもなんと[③]で表3裏3の倍満ツモスタートとなった。

東1局 魚谷 リーチ・ツモ・ドラ6 4000・8000 ©ABEMA

東2局も魚谷が配牌でドラの[七]が暗刻。カン[四]テンパイをヤミテンとすると、リーチした村上が放銃。

東2局 魚谷 タンヤオ・ドラ3 8000 ©ABEMA

大量加点が続く魚谷の親番東3局。赤2の[1][8]のシャンポン待ちでリーチも一人テンパイで流局。

東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA

東3局1本場、岡田が[六]をポンしてトイトイのテンパイ。しかしテンパイで出ていく[⑧]は松ヶ瀬の当たり牌で8000の放銃。

東3局1本場 岡田の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 松ヶ瀬 タンヤオ・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA

東4局、厳しい展開が続く岡田だが、狙いを絞った七対子リーチをツモって1600・3200、南1局親番で2000オールツモ、1本場でも3900のアガリで持ち点を回復して2着目まで浮上。

東4局 岡田 リーチ・ツモ・七対子 1600・3200 ©ABEMA
南1局 岡田 リーチ・ツモ・中 2000オール ©ABEMA
南1局1本場 岡田 東・赤1 3900 ©ABEMA

南1局2本場、[中]を仕掛けた魚谷が岡田からアガり局が進む。

南1局2本場 岡田 中・赤1 2000 ©ABEMA

南2局、魚谷がカン[4]待ちの三色満貫のテンパイをヤミテン。村上が七対子でドラの[2]単騎でリーチとすると、親の松ヶ瀬が[2][5]のノベタンでリーチ。熾烈な3軒聴牌となった。

南2局 村上の手牌 ©ABEMA
南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 村上 リーチ・ツモ・七対子・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

ここを制したのは村上。3000・6000のアガリで岡田を僅かにかわし、2着目に浮上。

南3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局 岡田 南・西 3200 ©ABEMA

南3局は岡田がアガリ切って微差の2着目に。

南4局 岡田村上の手牌 ©ABEMA
南4局 岡田 ツモ・ピンフ・赤 700・1300 ©ABEMA

南4局、魚谷が[中]を仕掛けて手を進めていくと、親の村上がリーチ。一人旅になりそうな場面だったが、岡田がテンパイして押し切り、700・1300ツモで2着キープでゲーム終了。

魚谷は第1試合で悔しい3着だったが、第2試合でしっかりとトップを勝ち取った。

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+64.1
2位 岡田(サクラナイツ)+5.6
3位 村上(ドリブンズ)▲23.5
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲46.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月6日トータル結果

フェニックス(魚谷3着・魚谷1着)+48.8
ドリブンズ(村上1着・村上3着)+35.9
サクラナイツ(堀2着・岡田2着)+15.1
風林火山(瑠美4着・松ヶ瀬4着)▲99.8

連闘となった村上、魚谷がそれぞれトップ3着となり、6位フェニックス、7位ドリブンズが加点に成功する1日となった。

首位を走る風林火山は、本日連続の4着で99.8ポイントマイナスした。しかしまだまだ優位な展開は揺るがず。この先もしっかりとポイント差を意識せずに戦っていく事が大事だろう。

12月6日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月7日の対局チーム ©ABEMA
12月6日終了時点の個人ランキング

関連ページ

新着記事

Return Top