麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/23 Mリーグ2021 第2試合結果】小林剛がらしくない?跳満ツモ2回で快勝!多井隆晴は連闘トップ2着でポイントを伸ばす!

【12/23 Mリーグ2021 第2試合結果】小林剛がらしくない?跳満ツモ2回で快勝!多井隆晴は連闘トップ2着でポイントを伸ばす!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」47日目が12月23日(木)に開催された。

12月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は多井がチームのピンチを救うトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:勝又健志

西:魚谷侑未

北:多井隆晴

第2試合

東1局、小林がダブ東の[東]をポンして手を進めるが、アガリまでは遠い手牌。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

多井が平和ドラ赤で聴牌してリーチ、一発でツモって3000・6000のスタートダッシュを決める。

東1局 多井 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1 3000・6000 ©ABEMA

東2局、魚谷が[中]を暗刻にしたリーチをツモって1300・2600ツモ。

東2局 魚谷 リーチ・ツモ・中 1300・2600 ©ABEMA

親番を迎えた東3局。ダブ[東]をポンして索子のホンイツへ。終盤にテンパイし、一人テンパイで流局。

東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA

東3局1本場、ラス目の小林がタンヤオ平和高め一盃口のリーチ。高めツモ裏1の3000・6000ツモで復活。

東3局1本場 小林 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・ドラ 3000・6000 ©ABEMA

東4局、小林が[北][中]と仕掛けてドラ色の萬子のホンイツ。まずは[七]でテンパイ。しかし、多井からリーチが入り回る。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA

勝又がカン[⑤]で追いつきリーチも、次巡多井の当たり牌[⑧]を掴む。

東4局 勝又の手牌 ©ABEMA

勝又がカン[⑤]で追いつきリーチも、次巡多井の当たり牌[⑧]を掴み多井が7700の追加点を決めた。

東4局 多井 リーチ・一盃口・赤 7700 ©ABEMA

東4局1本場は魚谷がドラの[2]をポン、勝又も仕掛けて追いつくが、アガリは出ず二人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、終盤に魚谷が高目跳満のテンパイも流局。

南1局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

南2局ここまで苦しい展開の勝又の親番。先制が取れるかと思われた配牌だったが、小林が追い抜きリーチ。

ツモって裏が1枚乗って跳満。多井をかわしてトップ目に。

南2局 小林 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ツモ・一盃口・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南3局、魚谷が[発][北]とポンしてトイトイに向かうが、[9]を引いて索子のホンイツへ。

勝又が[2][5][8]のリーチにたどり着くが、残りは[5]1枚。最後の1枚は多井に流れ、流局し、オーラス。

南3局 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、供託が1本で1300・2600で2着になる魚谷。一盃口が完成し平和のリーチ。

南4局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

魚谷の宣言牌[④]を多井がポンしてタンヤオへ向かう。

南4局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

倍満ツモでも着順アップが叶わないラス目の勝又。索子のメンホンに向かっている道中で[五]を掴み放銃。

南4局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

魚谷の3900のアガリで第2試合終了。裏ドラのらずで魚谷は3着のままでの決着となった。

南4局1本場 魚谷 リーチ・ピンフ・一盃口 3900 ©ABEMA

小林が2度の跳満ツモを決めて個人2勝目。チームランキングは3位まで浮上した。

第2試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+58.4
2位 多井(ABEMAS)+13.5
3位 魚谷(フェニックス)▲10.5
4位 勝又(風林火山)▲61.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月23日トータル結果

ABEMAS(多井1着・多井2着)+78.2
Pirates(瑞原2着・小林1着)+67.7
フェニックス(近藤3着・魚谷3着)▲25.5
風林火山(瑠美4着・勝又4着)▲120.4

ABEMAS、Piratesが加点を決めてそれぞれ順位を上げた。フェニックスまでの上位6チームがプラスポイントとなる珍しい状況となった。風林火山はトータル600越えた瞬間もあったが、そこから400ポイントを失っている。ドリブンズ、雷電は上位浮上のためそろそろエンジンを上げていきたい場面となった。

12月23日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月24日の対局チーム ©ABEMA
12月23日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top