麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/10 Mリーグ2021 第2試合結果】抜きつ抜かれつの熾烈な戦いを制して村上淳がトップでドリブンズが連勝!麻雀格闘倶楽部がまさかの連続4着に

【1/10 Mリーグ2021 第2試合結果】抜きつ抜かれつの熾烈な戦いを制して村上淳がトップでドリブンズが連勝!麻雀格闘倶楽部がまさかの連続4着に

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」55日目が1月10日(月)に開催された。

1月10日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合はたろうが4度のアガリを決めてトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:村上淳

南:佐々木寿人

西:松ヶ瀬隆弥

北:沢崎誠

松ヶ瀬は個人4連闘となった。

第2試合

東1局、沢崎が一盃口が完成した大物手をリーチも、沢崎の1人テンパイで流局。

東1局 沢崎の手牌 ©ABEMA

東2局1本場、寿人がドラが暗刻の手牌でテンパイ。

東2局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

すると松ヶ瀬がテンパイし、リーチ。

東2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

沢崎が松ヶ瀬の宣言牌をチーすると、村上もテンパイし追いかけリーチ。

東2局1本場 村上の手牌 ©ABEMA

結果松ヶ瀬が寿人の当たり牌[⑤]を掴み、寿人が12000のアガリで連荘となる。

東2局1本場 寿人 タンヤオ・ドラ3・赤1 12000 ©ABEMA

東2局2本場は村上の一人テンパイで流局

東2局2本場 流局 ©ABEMA

東3局3本場は沢崎にドラの[⑥]が槓子。

東3局3本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

自風の[南]をポンして[⑥]を1枚手放し、[白]単騎テンパイをツモアガリ。2000・4000で寿人に追いすがる。

東3局3本場 沢崎 南・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

東4局、寿人が七対子地獄単騎の[北]待ちリーチ。1枚切れの[白]との選択だったが、地獄単騎[北]とした。

東4局 寿人の手牌 ©ABEMA

無情にも一発目のツモは[白]。少し寿人の表情が曇るようにも見えた。

すると村上が追いかけリーチ。

東4局 村上の手牌 ©ABEMA

終盤に沢崎もテンパイを入れ、流局。

東4局 流局 ©ABEMA

 

次局の東4局1本場村上が2000・4000のアガリを決め、南入。

東4局1本場 村上 リーチ・ツモ・白・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、親の村上が先制リーチ。

南1局 村上の手牌 ©ABEMA

リーチを受け、マンズの一気通貫の一向聴の松ヶ瀬、一発目に持ってきたのは当たり牌の[2]。一旦[7]単騎に取り三色変化を待つ。しかしその後持ってきた[5]を長考の末ツモ切り放銃となった。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗って村上は12000のアガリでトップ目に立った。

南1局 村上 リーチ・ピンフ・ドラ2 12000 ©ABEMA

南1局1本場、またも村上が先制。ツモれば6000オールの手。リーチ時山に6枚残っていた[二][五]だったが流局。

南1局1本場 村上の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、沢崎が[発]を仕掛けてテンパイ。

村上、松ヶ瀬がリーチ。一時全員テンパイだったが、沢崎は撤退。

結果は松ヶ瀬が3000・6000のツモアガリで地上に復帰。

南1局2本場 松ヶ瀬 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南2局、松ヶ瀬が七対子テンパイ。1枚切れの[白]単騎待ちでリーチ。

村上が[白]を重ねてアガれるテンパイだが、次巡持ってきた[発]は1枚切れ。

重なったが故に[白]が打ちだされ、松ヶ瀬の6400のアガリとなった。

南2局 村上の手牌 ©ABEMA
南2局 松ヶ瀬 リーチ・七対子・赤1 6400 ©ABEMA

南3局は村上が[南]をポンして松ヶ瀬からアガり、僅差ながらトップ目でオーラスへ。

南3局 村上 南・ドラ1 2000 ©ABEMA

南4局、親の沢崎がテンパイし、場に7枚切られている[一][四]待ちをリーチ。流局で次につなげた。

南4局 流局 ©ABEMA

南4局1本場、先制テンパイは寿人。[六]なら高目一盃口でヤミテンでもトップだが、[九]での出アガリでもトップになるよう、リーチに出た。

南4局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

ドラドラのピンフ一盃口が完成した松ヶ瀬も追いかける。

結果は寿人が松ヶ瀬の当たり牌を掴む。裏ドラが1枚のり、12000の直撃で寿人がラス落ち、松ヶ瀬は3着に浮上した。

南4局1本場 松ヶ瀬 リーチ・ピンフ・一盃口・ドラ3 12000 ©ABEMA

 

首位の麻雀格闘倶楽部の連続4着、7位のドリブンズの連勝という結果で、チームランキングは混戦としてきた。

第2試合トップの村上 ©ABEMA

第2試合結果
1位 村上(ドリブンズ)+52.9
2位 沢崎(サクラナイツ)+10.1
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲19.9
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲43.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月10日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・村上1着)+120.1
サクラナイツ(内川3着・沢崎2着)▲14.3
風林火山(松ヶ瀬2着・松ヶ瀬3着)▲15.0
麻雀格闘倶楽部(伊達4着・寿人4着)▲90.8

麻雀格闘倶楽部が苦しい戦いとなり首位陥落。風林火山、サクラナイツもややポイントを減らしてドリブンズが大きくポイントを伸ばし、全体のポイント差が大きく縮まる展開となった。こうなるとますますセミファイナルボーダーがあがりやすくなるため、雷電は落とせない試合が続いていく事となる。

個人ランキングでも伊達が首位陥落、沢崎が首位に浮上した。

1月10日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月10日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top