麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/18 Mリーグ2021 第2試合結果】小林剛が熾烈な仕掛け合戦を制して勝利!Piratesはすかさず首位に返り咲く!

【1/18 Mリーグ2021 第2試合結果】小林剛が熾烈な仕掛け合戦を制して勝利!Piratesはすかさず首位に返り咲く!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」60日目が1月18日(火)に開催された。

1月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は近藤トップでフェニックス首位! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:小林剛

西:魚谷侑未

北:園田賢

副露率の高い選手が揃った仕掛け合戦の試合となった。

第2試合

東1局は園田がリーチも1人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場小林がドラの[東][白]が対子の手牌。リャンメンから仕掛け、[東][白]待ちのテンパイに。

東2局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

園田は[中]が暗刻で仕掛け、状況に合わせて単騎待ちを変化させていくが、アガリきれず、本田が形式テンパイの[東]単騎にとると、小林がラスト1枚の[東]をツモ。6000オールで大きなリードを得た。

東2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 小林 ダブ東・ドラ3・赤1 ©ABEMA

東2局2本場は自風の[西]を園田がポンして魚谷から3900のアガリで局が進む。

東2局2本場 園田 西・ドラ1・赤1 3900 ©ABEMA

東3局親番の魚谷がピンフの先制リーチ。アガリは出ずに流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、本田が4巡目ドラ1のカン[6]でリーチ。

東3局1本場 本田の手牌 ©ABEMA

終盤に魚谷が七対子の[6]単騎テンパイ。

東3局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

園田も[七]をポンして形式テンパイをとると、残り1枚の[6]を本田がツモアガリ。

東3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

園田のポンが入っていなければ、魚谷のアガリとなっていた。

東3局1本場 本田 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東4局は園田が七対子[赤⑤]単騎のリーチ。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA

ドラ3の魚谷からいつ放たれるかと思われたが、しっかりと撤退。園田の当たり牌[⑤]を吸収し、園田の1人テンパイで流局。

東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA

東4局1本場、連荘した園田が[白]をポン。

本田は自風の[南]が暗刻でトイトイのテンパイ。待ちの[九][北]はテンパイ時、4枚残りだったが、オリ気味の小林、魚谷のもとへ3枚流れる。

テンパイした園田のもとへ最後の[北]が流れるが、ノータイムで[④]を切ってテンパイを崩す。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

本田の1人テンパイで流局し、南入。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

 

南1局2本場、園田がカン[三]待ちを即リーチ。

南1局2本場 園田の手牌 ©ABEMA

魚谷が宣言牌の[南]をポンして筒子のホンイツの一向聴となる。

魚谷の仕掛けに筒子も字牌も切りにくい親の本田。[四]が3枚見え、ワンチャンス、自身で3枚抱えていた[三]で園田に放銃となった。

南1局2本場 本田の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 園田 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

南2局、園田がカン[2]待ちのリーチ。

南2局 園田の手牌 ©ABEMA

本田がドラドラ赤赤のチャンス手。ドラの[1]が暗刻になった本田がツモリ四暗刻の一向聴だが、対子の[③][五][4]はすでに山には残っていなかった。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA

ダブ南の[南]をポンした魚谷もテンパイ。

南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA

小林は1枚目をスルーした[発]の後付けでテンパイすると、園田が[発]を掴み、小林がアガって連荘。

南2局 小林 發・赤1 2900 ©ABEMA

南2局1本場は魚谷が[⑨]のポンからしかけ、ホンロートートイトイへ。

ダブ南も欲しいところだが[南]は園田と持ち持ち。

園田が[南]を切らずにテンパイし、[南][五]のシャンポン待ちでリーチ。

南2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

魚谷もテンパイするが、アガリは出ずに流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場、本田がリーチし、ラス目の親の魚谷が勝負に出るも一向聴で放銃。オーラスへ。

南3局2本場 本田の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 本田 リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1 8000 ©ABEMA

南4局、魚谷が四暗刻の一向聴となるが、園田がリーチし、[赤5]ツモで6000オール。園田は小林をまくって連荘。

南4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南4局 園田 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・赤2 6000オール ©ABEMA

南4局1本場小林と園田の点差は7500点差。小林がツモで逆転、出アガリは裏1条件のピンフ・ドラ1をリーチ。

ツモって園田を再逆転しトップで終了。

南4局1本場 小林 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

Piratesの今日のトータルはプラス。再びPiratesは首位の座についた。

第2試合トップの小林 ©ABEMA
「園田アングル」のカメラも話題に ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+61.1
2位 園田(ドリブンズ)+20.4
3位 本田(雷電)▲18.3
4位 魚谷(フェニックス)▲63.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月18日トータル結果

ドリブンズ(村上2着・園田2着)+30.9
Pirates(朝倉4着・小林1着)+6.4
フェニックス(近藤1着・魚谷4着)▲2.7
雷電(萩原3着・本田3着)▲34.6

トップは取り切れなかったが、ドリブンズは素点も浮いている連続2着を確保。加点に成功した。Pirates、フェニックスの首位攻防戦はどちらもトップラスでほぼイーブンの結果に。雷電は持ちこたえたが、浮上はできず残りゲーム数は30となった。

1月18日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月20日の対局チーム ©ABEMA
1月18日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top