麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/20 Mリーグ2021 第1試合結果】トップ目が激しく入れ替わるデッドヒートを制したろうがトップ!ドリブンズのマイナスは2桁に!

【1/20 Mリーグ2021 第1試合結果】トップ目が激しく入れ替わるデッドヒートを制したろうがトップ!ドリブンズのマイナスは2桁に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」61日目が1月20日(木)に開催された。

1月20日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:近藤誠一

西:松ヶ瀬隆弥

北:鈴木たろう

第1試合

東1局、滝沢が筒子が多めの手牌。2枚目の[発]から仕掛け、6000オールでリード。

東1局 滝沢 發・中・ホンイツ・トイトイ 6000オール ©ABEMA

東1局1本場は、松ヶ瀬が[1]を暗槓して索子のホンイツ。[発][中]のシャンポン待ちでテンパイ。

東1局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

近藤は自風の南が暗刻のペン[三]待ちをヤミテンとしていたが、[四]引きでツモリ三暗刻もあるテンパイに変化しリーチ。近藤一発でツモアガり、2000・4000。

東1局1本場 近藤 リーチ・一発・ツモ・南・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東2局は松ヶ瀬が先制リーチも、アガリは出ず、松ヶ瀬の一人テンパイで流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、親の松ヶ瀬好配牌だが、たろうが[中]を仕掛けて索子のホンイツ。カン[2]待ちのテンパイ。

東3局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

發をもってきた松ヶ瀬。たろうが[1]のあとに[四]を手出ししていることから、索子のホンイツではないパターンも考えられたか、[2]の対子落としで粘ろうと[2]切りとなり、放銃。

東3局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

たろうの5200のアガリとなった。

東3局1本場 たろう 中・ホンイツ 5200 ©ABEMA

東4局、加点したたろうの親番。[赤五]とドラの[⑥]を残した一向聴で[五]が重なり、雀頭にして[5][8]待ちのリーチ。

東4局 たろうの手牌 ©ABEMA

山に残るのは[8]一枚のみだったが、ツモアガリ。ツモった[8]が裏ドラで4000オールになり、滝沢をかわしてトップ目に立ち、次局も2900を加点。

東4局 たろう リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA
東4局1本場 ダブ東 2900 ©ABEMA

東4局2本場、たろう、滝沢がテンパイだがどちらも待ちがかなり場に切られており、ヤミテンとすると、滝沢がツモアガって南入。

東4局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA
東4局2本場 滝沢 ツモ・ピンフ・赤1 700・1300 ©ABEMA

南1局、親の滝沢が[四]が4枚見えている[一][四]待ちのリーチ。親のリーチに他家は戦えず、滝沢が最終ツモ番で[一]ツモ。1300オールで滝沢がトップ目に。

南1局 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ 1300オール ©ABEMA

しかし南1局1本場、たろうが自風の[北]の片アガリ満貫テンパイをヤミテン。たろうがツモアガって再びトップ目に。

南1局1本場 たろう ツモ・北・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は松ヶ瀬が500・1000のアガリで局が進む。

南2局 松ヶ瀬 白・ドラ1 500・1000 ©ABEMA

南3局、ラス目の松ヶ瀬の親番で先制リーチ。配牌からはメンタンピンが見えるがカン[四]テンパイをリーチとし、安牌が無いたろうが手を進めて放銃

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA

裏ドラが1枚乗って松ヶ瀬7700のアガリに。まだラス目だが3着目の近藤に迫る。

南3局 松ヶ瀬 リーチ・タンヤオ・ドラ1 7700 ©ABEMA

南3局1本場と2本場も松ヶ瀬が先制リーチだが1人テンパイで流局。松ヶ瀬が近藤の上をいく。

南3局1本場 流局 ©ABEMA

南3局3本場はたろうがタンヤオ赤1をアガってトップ目でオーラスへ。

南3局3本場 たろう タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

オーラス、3着目の松ヶ瀬と4着目の近藤は900点差。松ヶ瀬が七対子赤赤をテンパイし、[一][七]を河に並べた中筋の[四]単騎でリーチ。松ヶ瀬は1000点棒を出したことで一旦ラス目に落ちるが、ツモって裏裏の倍満ツモトップを狙っていく。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

[四]は山からなくなるが、[白]を仕掛けた近藤から終盤に放たれる。松ヶ瀬が3着に浮上しゲーム終了。

南4局 近藤の手牌 ©ABEMA
南4局 松ヶ瀬 リーチ・七対子・赤2 8000 ©ABEMA

このたろうのトップでドリブンズのマイナスは二桁になった。

第1試合トップのたろう ©ABEMA

第1試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+57.8
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+11.3
3位 松ヶ瀬(風林火山)▲16.1
4位 近藤(フェニックス)▲53.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果記事はコチラ

第2試合は丸山がトップでドリブンズが大きな連勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top